2004年04月20日

日本政府がNGOを支援してムサンナで給水するんだそーです。

今日の夕方,はなゆーさんとこに「【なんだこりゃ】フランスのNGOがサマーワで大規模給水開始!」っていうエントリが立ってて,私もリンク先記事見て「なんだこりゃ」となって脱力して,思わず予定外の休憩を取ってしまったニュース。なのでこれは本日の脱力ニュースかもしれないんですけど。

えーとね,これは報道記事だけじゃなくて公的なものがほしいんで,外務省のプレスリリース(4月20日)を見つけたんで読んで下さい。←「404未検出」になります:04年8月7日確認ほんでね,あたしゃ今んところ英⇒日モード全開になってるわけで,勢いで英語版の外務省サイトも見てみたんです。

ほれ,http://www.mofa.go.jp/announce/press/2004/4/0420.html

おお,出てきた出てきた,ハツヒサ・タカシマさん。(←この人のお名前は,前にBBCでHatsuhifa Takashimaと誤記されていて,なぜ「サ」が「ファ」になるのかまったくわからなかったので覚えてしまいました。漢字はわかりません。)

んなことより,これ,外務大臣が日本語で日本の記者クラブ(っていうんですか?)相手にしゃべったこと(これ)と,何か違うんだよね。ま,それは国内向けと国外向けとでは相互で了解してる前提とかも違うんで,まああることでしょう。

んだが,私みたいに,英国のニュースを英国で英国の記者が書いたままのを読むことが趣味だったりすると,こういうのってちょっと新鮮かも。よし,これから定期的に外務省の英語版を見ることにしよう!

英語版:
Press Secretary Hatsuhisa Takashima: Good afternoon and thank you for coming to the briefing. Today, I would like to make one announcement before I take questions.
_
It is with regard to grant aid to Iraq.
_
The Government of Japan has decided to extend a grant aid of approximately US$353,000.00 in total to the Agency for Cooperation and Technical Development (ACTED), which is a French non-governmental organization (NGO), for the implementation of the Project for Improvement of Access to Safe Drinking Water in the Rural Areas Al Muthanna in Iraq.
_
ACTED is supplying water using water tankers in some regions of the Governate of Al Muthanna where water supply facilities are especially weak. It has become difficult, however, for ACTED to continue to carry out these activities because of a shortage of funds, and it has requested the Government of Japan for assistance in providing funds necessary for the project, including the rental fee for 35 tankers.
_
Japan has already provided 12 water tankers to the Water Department of the Governate of Al Muthanna through another grassroots human security grant aid in February. The Japanese Self-Defense Forces (SDF) are implementing water purification there. The request for assistance which will complement such activities was made through the Foreign Ministry's office.
_
The project will provide safe water for about 60,000 residents in the southern part of Samawah, the central city of the governate, and the surrounding areas and the surrounding areas. It is expected to help stabilize the people's living conditions.
_
This project is part of the cooperation between Japan and the French Republic for the reconstruction of Iraq.


日本語版:
イラク復興支援に関する日仏協力
_
(外務大臣)イラクの復興支援に関し、草の根・人間の安全保障無償資金協力を通じて日仏協力を行います。ムサンナー県で給水活動しているフランスのアクテッドというNGOに対し、レンタルしている給水車両のレンタル料35台分、総額約35万3000ドルを拠出いたします。これにより、6ヶ月間、サマーワ市の南部やムサンナー県郊外の約300の集落(コミュニティー)に対して、給水活動を行うことができ、延べ約6万人の人たちが衛生上安全な水を飲むことができるようになります。


つまり,英語では「日仏が」がかなり強調されてて,日本語ではそうでもない。

つまりこれは,「日仏友好」なんだろうと私は思う。

んで,英語版の記者からの質問というのがかなりおもしろくて,
Q: In this sort of cooperation, do you have any further cooperation expected with some other French organizations? Are you discussing and working on any other NGOs these days about such kinds of cooperation?
.....
Q: Those projects are in the humanitarian assistance plan. Do you have any other projects or expectations of more cooperation between Japan and France together on the issue of security, for instance?
......
Q: Nevertheless, there were discussions undertaken between Japan and France, I suppose, for eventually considering organization or formation of the police force. Is that not correct?
......


……という具合で,「日仏の協力」ばっかし。外国プレスの記者から,「給水活動は自衛隊がやってるんじゃないんですか?」「彼らは何のためにサマーワにいるのですか?」「(軍事的な)訓練を受けた自衛隊でなければ活動できない地域なのではないのですか?」といったツッコミはなかったらしい

なんだそりゃ。

自衛隊派遣ってそんな程度のことなのかしら? うん,そうかもね。よその国からしてみればね。

ま,いいか。ちなみにタカシマさん(だから漢字は知らないんだってば)の回答には「ドイツとの関係」とかも出てきて,読むためにある行間はたーくさんありそうなんだな。

英国も何だか米国一本槍から欧州大陸寄りにシフトしたらしいし(本日のthe wrapによる)。

なお,英語版の白眉は
Q: More globally, after the hostage crisis that you have had in Japan, there is a lot of concern among various nations about the notion of individual responsibility that has been criticized by the Government or by officials of this country. Can you explain or describe what exactly this means, individual responsibility in the case of humanitarian missions of NGOs? What is your understanding?
日本の政府が「自己責任」という言葉を使っていますが,それはどういうことなのでしょうか? NGOの人道支援活動において「自己責任」とはどういう意味なのでしょうか?

だと私は思います。外務省からの回答は
their personal safety cannot be guaranteed by the Japanese Government when they are outside of the country
個人の身の安全は,国外においては,日本国政府によって保障されません(ので,それぞれが常識common senseを働かせてください)


……うーんとね,それは,犯罪被害者っていっても「スリ」とか「睡眠薬強盗」とかいうようなことなら「そりゃそーだ」と思うんですがね。質問者は「NGOの人道支援活動」に限定して質問しているわけですから,そんな一般論じゃあ答えにならないわけです。例えばはっきりと「NGOなんか活動してもらわなくてけっこう」とでも言えば答えになったんですがね。

記者との問答はこの後「集団的自衛権」「改憲」へと流れ,さらにはa moral problem of your participation to this operation in Iraq へと行きますが,外務省の返答はのらりくらりとしてて(無骨な表現で失礼!),moral problem については外務省はbecause it was decided by the Government of Japan by law(法により政府が決めたことだから)と。We are actually providing very essential assistance in humanitarian and rehabilitation work there.(必要とされる人道的支援は行なっている)と。だからThere is no moral question at all on that.(moralの問題はまったくない)と。

私程度じゃあとってもわからないのだけど,記者の質問のmoralってこういう意味のmoralなんでしょーか。私は03年1〜2月ごろにBBCとかでさんざんIs this war moral? という記事などを読んだんですが,moralの正確な意味はいまだにわからずです。
posted by nofrills at 21:30| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。