2004年07月19日

うっかりニュース@英国編

日本では「修正を忘れました」(→その後「すげーたくさん修正忘れてました」に修正),米国では「マイクロフィルムを廃棄しちゃいました」など,同時多発うっかりが世界をスリルとサスペンスと陰謀論のドツボに叩きこんでいますが,ついに英国でも「書類をなくしました」のうっかりが発生した模様です。http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/3905481.stmによると,ヒースロー空港の近くで車を停めてた人が何枚もの書類を発見。内容を見てびっくり仰天し,警察に通報……ではなく,the Sunにタレ込んだそうです。

the Sunの記事を見てる時間的余裕がないので,どうしてその人がthe Sunにタレ込んだのかはわかりません。

問題の書類とは,ヒースロー空港におけるテロ発生を想定したものの一部で,どこからミサイルが発射されるとか,どの経路が逃走に用いられると考えられるとか,どの道路をどう封鎖するとか,周辺住民の避難をどうするとかいったことを詳細に示した地図だったそうです。

英国での事務作業のヌケ作具合は,在英の日本人とか在英経験のある日本人とかが書いた文章がネットにごろごろしています(書籍も何冊かあります)が,ここまでヌケてるとはね。

以前,ミラーの取材班がヘリをチャーターしてノーチェックで国会議事堂(英国のシンボルのひとつ)の真上に入れたということがありました。またつい先日,テロ対策のフェンスを設置したばかりの国会議事堂の中で紫の粉の人が出現し,ブレアが紫に染められました。テロテロと叫ぶわりにいろいろとお粗末ということを示したこれらの件は,実際のところかなりイギリスっぽい話だと私は思うですがどうでしょうか。

ま,今回のヒースロー地図流出に関しては,第1発見者がthe Sunにタレ込んだってのが一番イギリスっぽいかもしれません。

あー,そうそう,このアイルランド出身のバンドの新曲もどっか行っちゃったままらしいですね。
posted by nofrills at 21:06| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。