2004年05月27日

本日のBBC中東トップページ。

26maybbc_s.png

ちょっとまだリハビリ中なので,トップページ見ただけでオナカイッパイになってしまって。メイン記事は「ムクタダ・アル=サドルの義兄がナジャフで米軍に身柄拘束された」。

その下の段の左が「ロシア企業がイラクから撤退(バグダードで2名の写真が死亡したのを受けて)」。

その右が「アムネスティ・インターナショナルの年次報告」(この記事の見出しの立て方は興味深いですね)。

3段目が左から順に「イスラエル」,「イラク占領連合軍」,「チャラビ」。

「チャラビ」の上のコラムは「米が引き続きイラク駐留軍をコントロール(主権移譲後も米国があれこれ指示を出す)」,「イラクの首相に核科学者か」,「米国,イラクの軍司令官を交替」(サンチェスの件),「イラク,シーア派聖地のモスクに“被害”」(ナジャフのイマーム・アリ・モスク……まったくもう,何てことするんだ),「ブッシュ,イラクについてのヴィジョンを正しいものと述べる」,「捕虜虐待は広範」(「虐待」は原文ママ。ほんとは拷問),「中東の市民,“苦しみが最大”」,「ガザ攻撃で“2000名が家を失った”」,「石油価格引き続き上昇」,「アル=カーイダ イラク戦争で“刺激される”」,「イスラエル諜報,ネットで求人」。

……全部重要そうですが,読みきれません。
posted by nofrills at 03:05| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。