2005年09月01日

The Year London Blew Up: 1974

英国では,今週木曜日の夜9時から,チャンネル4でこんな番組が放送されるそうです。

The Year London Blew Up: 1974
ロンドンが爆発した年――1974年
http://www.channel4.com/history/microsites/Y/year_london_blew_up/

1974年の数々の爆弾テロ事件を再現ドラマを交えて描くという番組だそうです。

で,1974年の数々の爆弾テロ事件とは,大きなものだけでも:
http://en.wikipedia.org/wiki/Provisional_Irish_Republican_Army
#Notable_events

4 February 1974: A bomb planted on a coach carrying British army personnel and their wives and families explodes as it is travelling along the M62 motorway at Birkenshaw. Twelve people are killed; nine soldiers and the wife and two young sons of one of them. [England]
1974: The Guildford pub bombings kills five and injures 182. The motive for the bombing was that the pub attacked was frequented by off-duty, unarmed soldiers. Four people, dubbed the "Guildford Four", would be convicted for the bombing and imprisoned for life. Fifteen years later Lord Lane of the Court of Appeal would overturn their convictions noting "the investigating officers must have lied". Some had spent the entire fifteen years in prison, years after the IRA men who carried out the attacks admitted them to British police. No police officer was ever charged. [England]
1974: In the Birmingham Pub Bombings bombs in two pubs kill 19. The "Birmingham Six" would be tried for this and convicted. Many years later, after new evidence of police fabrication and suppression of evidence, their convictions would be quashed and they would be released. [England]
1974: In December a bomb explodes on the first floor of Harrods department store in Knightsbridge. Part of the store is gutted but there are no injuries. [England]


M62とGuildfordとBirminghamとHarrods(Harrodsの爆弾は1983年の方がずっと規模も被害も大きかった)。爆弾をプレゼントされたのは,走行する車両の列と,パブと,百貨店。死者数合計36。負傷者は数百の単位。http://www.channel4.com/history/microsites/Y/year_london_blew_up/より:
What happens when a city faces a cell of fanatics with a single goal: to bring the maximum terror to the civilian population? Militant Islamists may be the current threat, but in 1974/5, the enemy was the Provisional IRA. Four men hiding out in London bedsits carried out over 40 separate incidents across the capital. The city and its people reeled under the impact of this sustained attack, but finally found the resolve to face the onslaught and defeat it.


1974年の死者一覧(名前,年齢,ステータスなど):
http://cain.ulst.ac.uk/sutton/chron/1974.html

# Guilford bombingは05 October,Birmingham bombingは21 Novemberです。どちらも軍人がよく訪れるパブが標的となり,客としてそこにいた英軍人と,たまたま居合わせた一般市民が殺されています。CAINによると,バーミンガムでの死者は全員civilianです。

ガーディアンのMark Lawsonが書いた番組紹介記事:
A year of living dangerously
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,2763,1558429,00.html

この記事は,BBCが製作した「広島」(未見)や「ホロコースト」(同じく)などとの比較をしつつ,番組としての評の部分と,「空気」というか「雰囲気」の記述の部分と。番組についてはかなりほめています。

というわけで,1974年にロンドンに潜伏していたPIRAのセル(たった4人)が何をやったかを描いたテレビ番組がある,という話でした。

ただ,このころにテロってたのは別にPIRAだけではなく,またCAINの1974年死者リストを見れば一目瞭然なように,テロられた場もイングランドだけではないわけですが。

1974年といえば,10月のギルフォード・ボムの前,5月にアルスター・ワーカーズ・カウンシル(プロテスタント側の労働者たちの組織)の極めて暴力的な面もあったストライキがあり(英国政府の行動に抗議したもの),またアイルランド共和国の首都ダブリンなどで,ロイヤリストの武装組織(テロ組織)による爆弾事件が起きています。
http://cain.ulst.ac.uk/events/dublin/index.html

PIRAがそのbombing canpaignをイングランドに拡大したのは,ベルファストやデリー,また南側でどんなに爆弾が爆発し人が死んだり手足を吹き飛ばされたりしていても,アイリッシュ同士が殺しあっていても(この「アイリッシュ同士」を目立たなくするために持ち出されたのが「セクタリアン」の区分だ,という意見もいくつもあるのだが),ブリテンの世論は動かないのだから,ベルファストで爆発している爆弾をいくつかイングランドで爆発させてはどうか,というような考えだった,ということは,いくつかの資料で読みました。

ちなみに,「IRAは民間人を標的にしなかった」ってのは神話。殺しておいてから謝罪したことはあるし,間違って拉致った民間人(まったく関係のない人)を無傷で解放したこともあったけれど,だからといって「民間人を標的にしなかった」ことにはなりません――1974年の例ではバーミンガムがそれを最もはっきり示していると思いますが。(予告電話は時限爆弾セット時刻の15分前とかで,現場は大都市の繁華街。仕掛けられた爆弾は強力。これらにより,“標的は直接的にそこにいる「軍人」(だけ)であった”という説明は,説得力を持たない。)
posted by nofrills at 03:04| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。