2006年02月24日

イングランド銀行、現金強奪の件。

当初「£25m」が強奪されたと伝えられたTonbridgeでの事件、記事を見るたびに被害額が上方修正されてるんだが、ここまで桁が大きくなるといったいどのくらいが強奪されたのか、考えるだけで頭がいっぱいになってくる。

この事件についての記事は、「はてブ」のtag: Securitas
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Securitas/
に集めてあります。最初「£25m」と聞いて、「2004年12月のベルファストのノーザンバンクの£26mに惜しくも届かず!」(<オリンピック関連報道の影響か?)と思ったのだが、よく考えるまでもなく25とか26とかいうその単位は「ミリオン」で、全然「惜しく」ない。

が、日が経つにつれて被害額がどんどん大きくなり、現時点での日本語の最新記事(読売新聞、2月24日11時4分)では「100億円に?」とあり、BBCでも「最高で£50m(up to pound 50m)」とある。つまり、当初発表の倍額だ。

事件についての報道から、「犯行グループは警察に扮装していた」、「車で帰宅途中の施設(倉庫)の社員を銃で脅して拉致した」、「社員の自宅(けっこう遠いところなんだけど)にいた妻子を人質に取り職員を脅した」、「脅された職員は犯行グループを倉庫に案内し、犯行グループは社員らを縛り上げ、現金を奪って逃走」ということを知り、激しくデジャヴを覚えたのだが。。。

当ウェブログ過去記事:
2004 年 12 月 26 日(日)
周到な計画をして銀行から2000万ポンドを強奪したのは何者なのか。
http://ch.kitaguni.tv/u/917/todays_news_from_uk/northern_ireland/0000165747.html

デジャヴを覚えたのは私だけではない。スラオさんの記事のコメント欄にもIRAの名前が出ている。スラオさんのコメント欄では、今回の事件がIRAの犯行と考える人とそうでない人がいるのだが。(爆笑政治的ユーモアもいろいろ入ってるので、読むと楽しい。「英国人にこんなことができるかっての。ノーザンバンクのあれをできるほどオーガナイズされてて、しかも帰りのフェリーの切符の手配を忘れたくらいにオーガナイズされてない英国人がいるんなら話は別だが」など。)

スラオさんを書いている人は、ノーザンバンクとの類似について、「ノーザンバンク事件で弱点が露呈してしまった」と述べている。copycatによる犯罪の可能性を考えているのかもしれない。私もそう思う。同じようにやればうまくいくと思ったんだろうから。(そしてうまく行ってしまった辺りが、映画なら痛快なのだけど。。。)

犯人については、日本語の記事だと、「武装グループ」って表現してるところもあるわね(読売:ロイターは「武装強盗グループ」)。

securitas_yahoo.png

ベルファストのノーザンバンク現金強奪(£26m)の方は、11人が逮捕され、うち3人が起訴された(<「起訴」というのは記憶に基づいているので間違ってるかも。ひとりは銀行の元従業員)。彼らは昨年12月に保釈されたという記事が出ているのだけど、事件発生直後に番号で手配した金はまだ見つかっていない。

Robbery accused released on bail
Friday, 9 December 2005, 12:37 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4513578.stm
Of the 11 people questioned to date in connection with the robbery, three have appeared in court.


£26m bank raid accused gets bail
Wednesday, 21 December 2005, 13:06 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4549088.stm

Court withdraws terrorism charges
Thursday, 8 December 2005, 13:06 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4510284.stm

で、この事件、結局どうなのかわかんない(一部は私の怠慢により)のだけれども、それにも関わらず「IRA(正確にはPIRA)のやったこと」として覚えているのは、IMCのレポートなどで「PIRAの犯行である可能性が高い」と書かれ、それを受けたメディアが「PIRAの犯行である」あるいは「PIRAの犯行であるとされている」と書いているからだ。それらにはまた、「その他に可能性として考えられない」という根拠がある。

-------------

スラオさんのコメント欄は、ノーザンバンクをやったのはIRAかIRAでないかで典型的フレームに。最近のスラオさんでは珍しい。
posted by nofrills at 18:19| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。