2004年12月17日

悪質なビラと逮捕。

こういう悪質なビラをばら撒いた人物が,ビラとは別の件逮捕(すぐに釈放)。逮捕された当人は「政治的な逮捕劇だ。今度の選挙(英国総選挙は05年5月の予定)で俺たちを封じ込めたいからだ」。
On his release Mr Griffin claimed the party was being "demonised" by the Government which he said saw the BNP as a threat.


ってかbeing "demonised"って。。。(^^;)

なぜ逮捕されたかというと,7月に放送されたBBCのテレビ番組の中で,この人物が「人種間の憎悪を煽っている」言動をしていたから,ということのようです。

で,その7月のBBCの番組というのがこれなのですが……すごすぎる。いわゆる「潜入レポート」ですが,記事を読んでてどう反応すべきかわからなくなって笑えてくる。いや,久しぶりです,BBC見ててこういう反応をしたのは。

BBCでは2001年にも同じテーマの番組を,Panoramaの枠で放送しています(←リンク先から,オンラインで番組が見られます)。しかし,軽やかでさわやかなページデザインと内容のミスマッチがたまらないので注意。

Panoramaのサイトから,1985年ごろの彼らの活動を伝える部分を読むと,
The Campaign for Nuclear Disarmament (CND) was at its height and the NF used the anti-American sentiments it provoked. They organised an all-night vigil outside RAF Lakenheath in Suffolk to oppose the presence of US military personnel in Britain.
_
By supporting animal welfare, the NF were able to target Jews and Muslims by claiming that it was opposed to the ritual slaughter of animals.
_
Nationalism Today announced, "All the Jews have to do is stop this barbaric and torturous murder of defenceless animals. When they cease the slaughter the NF will cease its campaign. Until then the NF campaign for animal welfare will continue."

反核運動に便乗してみたり,動物の権利に便乗してみたり,目端が利くことで。。。

と思ったら,ニック・グリフィンってインテリなのね(ケンブリッジで歴史と法学)。Nationalism Todayを立ち上げたのもグリフィンだったのか。(参照。)


余談:
最近英語で書かれたウェブログのコメント欄でWe are Red, White and Blue!!!!! と絶叫している“アイ・ラブ・ダブヤ”な人がいたんですが,私にとっては「Red, White and Blueと言えば,まずはBNP」だったんで(←これはこれでいかがなものか,かも),おかしくてたまらなかった。Red, White and Blueに別のコンテクストがあるなんてことを思ってもいないのかなあ,と。
posted by nofrills at 07:28| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。