2004年09月19日

イスラエルの新発明は悪臭爆弾。

インディペンデントのサイトを見てて,見つけた記事。顔には中途半端な笑い(どう反応していいかわからないときの表情)が貼りついてしまって,頭にはマッド・サイエンティストが試験管に入ったカラフルな液体を前ににやにやしているイメージが浮かんでます。

Israelis invent stink bomb for riot control
http://news.independent.co.uk/world/middle_east/story.jsp?story=563050
The ever-ingenious inventors at Israel's weapons research and development directorate have created a schoolboy's dream: the ultimate stink bomb, with a disgusting smell that lingers in its victim's clothing for up to five years.


ever-ingenious inventors という書き出しの表現もすごいし,記事の書きぶりもアホっぽいのだけど,ひどい悪臭が5年も消えない爆弾なんて,あまりに恐ろしすぎる。

ほんで,こんな爆弾(イスラエルは「スカンク爆弾」と呼んでるらしいが,そのネーミングもどうかと思う)をうっかり使ったあとで,使った相手を逮捕した暁には
Security forces would not be keen to arrest the victims, and they would be equally unwelcome at home.

「治安部隊の人も家でいやがられるだろう」。

ひどすぎないか,こんなものを実用のために発明してしまうってこと自体が。

Military weapons are designed to kill, and are often too powerful to use under these circumstances, as Israel Defence Forces have discovered in their clashes with Palestinian crowds.


「デモ隊に対して使うためには兵器は危険過ぎる」ということを「IDFはパレスチナ人群集との衝突で発見した」そうですが,これはいやみか当てこすりか皮肉? それともマジで言ってる?

After years of using rubber bullets and tear gas, plus small arms, Israeli forces have been under pressure to create less-than-lethal weapons with which to target Palestinians. The skunk bomb is one example.


……これ↑を読むとやっぱ当てこすりなんだろうなぁ。

■参照:
P-navi infoさん記事
http://0000000000.net/p-navi/info/news/200409190454.htm?seemore=y
posted by nofrills at 14:03| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。