2004年10月03日

水。流れ。

10月某日,東京――尾形光琳の描いた水に脳みそしびれた感じを受けたまま,一ツ橋を渡った。

一ツ橋は高速道路で蓋をされ,その下にある水はまったく生命力を感じさせなかった。竹橋の国立近代美術館で「琳派 RIMPA展」を見てきた。
http://www.tokyo-np.co.jp/event/rimpa/

結論だけ先に言うと,琳派に絞りたい場合は,5日から17日に日本橋三越で開催される展覧会の方がよいと思う。
http://www.nhk-p.co.jp/tenran/rimpa/

「琳派 RIMPA展」は……「今度の琳派は違う」というキャッチコピーだったのだけど……まあ何と言うか,結論を提示することは難しいな,と。

尾形光琳の「松島図屏風」や鈴木其一の「朝顔図屏風」など,アメリカに流出してしまっているので日本ではめったに見られないものを,とにかく見たかった。

入ってすぐにグスタフ・クリムトのNUDE VERITASがあった。額縁が粋だ。でもまあクリムトはクリムトなので。

すぐに尾形光琳がずらっと並び,次に俵屋宗達が並び,本阿弥光悦が並び,続いて酒井抱一,その先に鈴木其一,神坂雪佳という並び。

尾形光琳「燕子花図」(元々小襖だったものを掛け軸にしたもの。大阪市立美術館蔵)は,少しだけを感じた。光琳に鬼を感じたのはこれが初めてだ。

中村芳中「白梅図」(掛け軸)はど迫力で,池田孤邨「四季草花流水図屏風」 (小さな屏風)はおもしろかった(画面の左から右へ,四季が移り変わる)。

掛け軸の布の色(特に藍染めのもの)がすばらしいものが多かったのと,屏風の縁の部分の布に絵の具が重ねられていたこと(光琳),屏風の金具(何ていうの?)の精緻さ,などは,やはり実物を見なければわからない。それと絵の具の青(これは本当に気の狂うような青で,しばらく前にテレビ東京の美術番組で特集をしていたと思う)。

そこから先は明治以降の作品で,「琳派」を大きくとらえようという意思は伝わってくる。問題は,私はそういう提示のされ方はあまり好きではなかったこと。後半で展示されていたものは,私はほとんど見ていない。(こういうのを貪欲に楽しめなくなったということは,ただ単に歳ということかもしれないが。)

私は尾形光琳の水,酒井抱一の水,鈴木其一の朝顔を焼きつけておきたかったし,そのためには,誰かが用意した流れは不要。流れは自分が作るものだし,その流れを作る場は,この展覧会1つだけには限られていない。

何かこの感覚,記憶があるなあと思ったら,2000年にロンドンで経験していた。「時代を超えて」というコンセプトはそれはそれでおもしろいし意義のあることだとは思うけれど,それですべてが脈絡づけられうるかどうかっていう疑問。私は旧来の展示に慣れているので,はいクリムトです,次はシーレです,その次はココシュカです,みたいなのだと抵抗を感じないし,それと,美術館の展示空間は入ってしまえばその中は自由に動けるのだから,クリムトのあれとシーレのこれを脈絡付けたかったら自分で動くし,その過程でムンクが連想されたら,いくらか時間は置くことになるだろうが,ムンクのある施設に行く。あるいは見られる機会を待つ。その移動,その過程,その時間で,私は何かを得てきたと思う。

が,全部そこに用意されていると……はいクリムトですよ,隣に尾形光琳があります,見比べてみてください,どうです?みたいなのだと……せっかく実物が目の前にあるのに,美術雑誌を見てる気分だ。あまりに全部用意されてると,ふーんで終わってしまう。自分で考える必要がない。そしてそれは最もつまらないこと――消費――だ。

ということはさておき,クリムト,モーザー,ウォーホールはあの流れに置かれていても,まあ,なるほどねぇ,と思った。しかしマティスはどうだろう。マティスは尾形光琳と並べられるより,ピカソと並べられて南仏で見る方がずっと「わかる」。っていうかピンと来る(ベタだけどね)。ルドンの屏風は,この人の露骨なジャポニズムは初めて見たからそれだけで興味深かったが,琳派と並べるには力が弱い。というか,ルドンという人の書いた作品全体の中でこの変な屏風(ほんとに変だった)がどういう位置付けなのかが見えないと何とも。

っていうか琳派と並べるなら,極端な話,それこそウィリアム・モリスだって候補にはなるだろう(細密描写とパターン化という点で。モリスはジャポニスムではないが)。もっとわかりやすい金箔つながりなら,ロシアのイコンとか,あるいはクリヴェッリなんてのもある。(←この段ここまで,もちろん冗談です。)

というか,展示が思わせぶりなわりにはメッセージが聞こえて来ないんだよね。

現代の日本の作家にしても,単体で見れば「!」と思ったかもしれないが,琳派と並べられることで「で?」と思う,という感じが,私にはあった。

加山又造の屏風は「琳派ですね」と言われたら「そうですね」で終わってしまう。また,李禹煥の「線より」は,確かに琳派の「燕花」にも見えた。だがそれで何を言いたいのか? 「〜のように見える」の先にあるものは何か? ここしばらくの「日本」ブームを考えると,そういう脈絡のつけかたにはいくばくかの違和感を感じる。

琳派は明らかな様式だ。けれどそれだけを基準にあれこれ並べて見せることには無理がある。琳派が「ブーム」で展示をするにも手を変え品を変えなのかもしれないが,思いつきあるいはインスピレーションを形にするには,よく練り上げなければならない。そして,展示する側の思いつきと見る側の理解とをつなぐものは,平易にして饒舌な解説では,ない。

掲示されてる解説は,もっとほかに書くべきことを書いてほしい。「現代にも通じる新しさ」「デザイナーなのである」云々はいちいち文字で示していただかなくてもよろしい。印象論は見た人各自が展開すればいい。「水墨画というと通常硬い画面のものを想起するだろうが」といった“前提の押し付け”など論外。

モーザーの屏風の女性のドレスや髪の部分に使われていた紙(「本の見返し」という説明が掲示されていた)のパターンが,光琳の文箱の文様に似ている,宗達の墨を流した技法に似てなくもない,というのは,ひょっとしたらおもしろい切り口なのかもしれないけれど,あの紙が19世紀のヨーロッパではごく当たり前のものだったというコンテクストもなく(例えばあの紙が使われてる本の現物あるいはその写真を横に置いておくとかすらせずに),単に「本の見返しの紙を使っています」と言われても,その情報は何ら意味を持たない。

っていうか,「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」(本阿弥光悦)の和歌が,日本人のくせにちゃんと読めないので,読める書体でどっかに書いておいてもらいたかったです。(和歌は多分全部知ってるはずなんだけどね,読めないのよ,達筆は。)

と好き勝手な感想文ですが,ともあれ,一言でまとめれば,「琳派は日本を代表する古美術――だけどこんなに新しい」という前提の無理が私には痛かった,ということだ。琳派は今でもまったく古さを感じさせない,などということは,今更言われなくても十二分にわかっているから。というより,300年も400年も前のものは今では古くて通用しない,などということは真理ではないのだから。

私はとにかく,光琳の水と抱一の水を忘れないように,あの筆の線を忘れないようにするだけ。東京に住んでて,ああいう水は私の周りにはない。

会期は3日まで。

帰りに神田を通ったので,伊勢半べに資料館に入ってみた。象牙で作ったお道具など,びっくりするような細かな細工。(デジカメのメモリーカードくらいの大きさ。) 紅筆に至っては,どうしてこれが可能なのかというくらいに細かい。小さな資料館だけどかなりおもしろいです。

#私が竹橋に行ったのは会期末間際で,ものすごい混んでた。入場まで30分くらい待ったし,「絵を見に行ったのに,人を見に行った」感じ。それでもどうしても見たいものは見たけどね。鈴木其一の朝顔図屏風とサシで向かい合えたのは至福。同じものの反復,ひとつひとつに神が宿る,お茶碗のなかのご飯だ。(←?)

#光琳の松島図屏風なら北斎と並べた方がずっとおもしろかったのではないかと思う。あと,誰だっけ,フランスの「波を描かせたら天下一品」の画家とか。あとはラスキンの素描とレオナルドの素描と……思いつき。ま,こういうのは既にやり尽くされているのかもしれないけれど。

ちなみに私,昔,単位を取得するために履修していた科目の試験で,「飛鳥仏とボッティチェルリ」という苦し紛れの答案を書いて単位をいただいたことがあるのですが,今思うと本当に,よくあれで単位をくださったものだと。「飛鳥仏はボッティチェルリの描く天使に似ている。具体的にはかくかくしかじかの点である。ゆえに鑑賞の対象としての飛鳥仏はボッティチェルリである」が論旨でした。(あまりに恥ずかしいので覚えている。)
posted by nofrills at 02:13| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。