2004年12月26日

周到な計画をして銀行から2000万ポンドを強奪したのは何者なのか。

12月20日,ベルファストのノーザン・バンク本店で,少なくとも2000万ポンドというものすごい額の現金が奪われるという事件があったことは,私も東京の民法の夜のニュースで見た。

北アイルランドが日本のテレビのニュースに出てくることは,めったにない。出てきたと思ったら,和平プロセスじゃなくて銀行強盗かよ,と思いつつ,何か非常にこう,もやもやとした感覚で,私はその短いニュースをじっと見ていたのだが……。

発生からおよそ1週間。これは英国で史上最大規模とかって言ってる場合じゃない。

というわけで,記事をたくさん読んでみた。Yahoo JAPANさんにあった記事。

背後にIRAか=40億円強奪事件−英紙
_
 【ロンドン23日時事】英領北アイルランドの銀行から現金2000万ポンド(約40億円)以上が強奪された事件で、23日付のデーリー・テレグラフ紙は背後にカトリック系過激組織アイルランド共和軍(IRA)が存在すると報じた。
 同紙が治安当局筋の話として報じたところによると、当局が傍受した携帯電話の会話を分析した結果、IRAの関与を示す内容があったほか、少なくとも1人のIRAメンバーと実行犯グループが連絡を取っていたもようだという。 
(時事通信) - 12月23日21時0分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041223-00000328-jij-int


#「カトリック系」ねぇ。。。彼らの本質は「ナショナリスト」なんですが。

北アイルランドでの何かについて,デイリー・テレグラフの報道する内容を額面どおりに受け取るわけにはいかない。いや,北アイルランドに関してはどのメディアでもそうなのだけれども,特にテレグラフの場合は,ほかの新聞で同じことを報じていない限りは,「そういう記事もある」程度にしか受け取れないと私は思っている。

が,とにもかくにも,テレグラフの記事(←無料登録しないと読めません)を見てみないと始まらない。(→同じ記事がオーストラリアのthe Ageに出てるのを発見。クレジットはagenciesになってる。)

この記事の見出しはこう↓だ。
Detectives suspect IRA link in £30m bank raid


「£3000万を奪った銀行襲撃で,捜査員がIRAとの関連を疑っている」という意味だ。(「捜査員が」という“行為の主体”は,ものすごく重要だ。)

ともあれ,実は私もニュースを見たときに,「あー,こりゃIRAかもしれん」とほとんど脊髄反射レベルで思った。同時に「UVFとかかもしれん」とも思ったのだが,要するに「NIのテロリストたちかもしれん」ということだ。

テレグラフの記事から。

The Provisional IRA was behind Britain's biggest bank robbery of up £30 million in cash, security sources said yesterday.


一口に「IRA」と言っても,分派を繰り返しているのでいろいろとややこしい。

1960年代終わりからのいわゆるthe Troublesの時期から90年ごろにかけて爆弾キャンペーンをしていたのがPIRA,すなわちProvisional IRA(通称Provos)。(現在,報道記事とかでIRAと表されているのは,PIRAのことと考えて間違いはなかろう。)

1986年に政治プロセスへの参加をめぐる対立のためにPIRAから分かれたのがCIRA,すなわちContinuity IRA

1997年,英ブレア政権発足で北アイルランド和平プランが進み,PIRAが停戦を決めたあとにPIRAから分派したのがRIRA,すなわちReal IRA

なお,これら3組織の中に,「穏健派」などない。(たとえば,1984年のサッチャーを狙ったブライトン爆弾テロはPIRA。CIRAは,北アイルランドにおいて,ロイヤリストの町で爆弾テロを多く行っている。1998年4月にグッドフライデー合意が成立したが,その後の8月にRIRAはOmaghで大規模な爆弾テロを起こした。)

ともあれ,テレグラフの記事に戻る。

捜査当局者の話としてテレグラフが報道している内容は次の通りだ。
Communication intercepts during the 24 hours leading up to the robbery at the Northern Bank in Belfast have led detectives to suspect the IRA's head of intelligence and one of his chief cohorts.


「銀行強盗までの24時間の通話の傍受」というのは……資料としてBBCのタイムラインを根拠とすると,事件が発生したのは19日の夜10時。銀行の職員の自宅に覆面をした男3人が押し入り,その後24時間家族を人質にとった。その職員は上司の自宅まで連れて行かれたが,その上司とその妻も覆面をした男2人に縛り上げられていた。

上司の妻はそのままどこかへ連れ去られ,その後24時間人質となっていた。

翌20日(月),職員も上司も出勤し,普通に仕事をした。が,覆面の男たちからの指示を受けていた。

20日午後6時,職員と上司からことづかった別の職員が,100万ポンドを指定された場所に運び,犯行グループの使いに渡した。これが「警察には垂れ込んでいないだろうな」の証明となったようだ。

午後8時,銀行の入り口に乗り付けられたヴァンに,大量の現金が積み込まれた。ヴァンはそのまま走り去った。

午後11時,上司の妻が解放された。

……というわけで,前の夜から当日の夜までのことを,テレグラフ記事では「24時間」と言っているのだと思われる(正確な時間というよりは)。

にしても「通信の傍受」。。。24時間あったら動けてたんじゃないの?というのが素朴な疑問なのではあるが,"communication intercepts"の中身が具体的にわからないので(検索をかけてみたけれど,このテレグラフ掲載の記事しか出てこない)ふむぅ・・・っていう感じがする。

さて,再度テレグラフ記事である。
Mobile phone conversations are said to have pointed directly at Provisional involvement and at least one IRA man's name has been connected to the robbery team, which numbered up to 30.
_
*snip*
_
... two recent incidents are believed to have prompted the decision to carry out the robbery, which the IRA knew would have political ramifications.


つまり,「携帯電話の通話を傍受したところ,IRAのメンバー少なくとも1人の名前が浮上している」ということだ(この文の書き方も,注意深く読むとやや気になるのだが)。そして,もし本当にIRAが関与しているならば和平プロセスにとって非常に大きな影響がある(←引用から省略した箇所)とした上で,「最近発生した2つの件」が今回の強奪のきっかけとなったのではないか(are believed to haveに注目)としている。

その「最近発生した2つの件」とは,まず12月初旬のpeace talkの中止(イアン・ペイズリーが「IRAの武装解除の証拠を写真で示せ」と要求したことが発端らしい),そしてつい先日の,“コロンビア・スリー”への懲役17年の判決である。

つまり,「peace talkが結局ダメとなれば,IRAは停戦を破棄することになる。また,どこかで逃走中の仲間3人の逃走資金も必要だ。もし見つかってコロンビアで服役することになったら奪還もしなければならない」というのがストーリーラインであるらしい。

なるほどね。

なお,「IRAの関与」という情報をテレグラフに語った「情報筋」は,記事の最初のパラグラフの最後の部分に
security sources

とあるだけ。

この記事は,あとは「和平プロセスへの影響」だの「イアン・ペイズリーのコメント」だの「ベルファストの特殊部隊の元トップのビル・ロウリー(ラウリー?)さんのコメント」だのが出てくるだけで,捜査当局の話は出てこない。

つまり,この記事は完全な「〜であるならば…だ」という解説記事だ。事実を伝えるものじゃない。

……読んで損したかもしれん。実際の紙面ではメインの記事に付属している囲み記事だったんじゃなかろうか。(ネットだとそういうことが確認できない。)

ほかのメディアの記事から。

ファイナンシャル・タイムズは24日にDetectives play down claims of IRA role in robberyという見出しで記事を出している。
Police investigating a £22m bank robbery in Northern Ireland distanced themselves yesterday from the suggestion it may have been organised by the IRA.
_
With the paramilitary organisation taking the unusual step of denying involvement, senior police sources separately played down an unofficial report that police communications intercepts had connected the robbery with a member of the IRA's executive.
_
The IRA's denial was made in a statement yesterday to the Press Association by an unidentified senior source. "We are dismissing any suggestion or allegation that we were involved," the source said.
_
Separately, the Financial Times learnt from senior police sources that an IRA link to the robbery, on Monday, was raised initially as a possibility but was not supported forensically or by credible secret intelligence information.


つまり,警察は「IRAの犯行」という見方を23日にはplay downした(「その可能性は低い」とか「ほかの可能性もあります」とかいうコメントをした,ということ)。そして同じく23日,IRAが関与を否定する声明を出した。

22日のアイルランドのメディアの記事には次のようにある。
With police refusing to rule out republican or loyalist paramilitary involvement in the raid, Jeffrey Robinson said: "If they are smart they will take the US dollars and euro that are there and burn the rest."
_
*snip*
_
Police are also considering that a highly organised criminal outfit with no paramilitary connections may have masterminded the robbery.


つまり,警察は「リパブリカンであれユニオニストであれ,何らかのパラミリタリーが関与している」としていた。さらに,この時点では「パラミリタリーではなく,組織犯罪かもしれない」という見方も一応は示していた。

さらにBBCの23日記事は,
They have identified two criminal gangs and three paramilitary factions that they believe are capable of carrying out the robbery.


「この強奪を実行する能力があると考えられるギャングや武装組織を,警察はいくつか特定している(ギャングが2,武装組織が3)」とのことだ。

要するに,FTやらBBCやらが「IRAかどうかわからないけれど,IRAという可能性は否定することはできない」という警察の公式な見解(記事に発言主の名前がある)を書いている一方で,テレグラフは,それらの記事が出る前の取材によるものだろうとは思うが,「IRAの線が濃厚」という記事を,情報源を明示せずに出している。

記事の内容より,テレグラフがそういう記事を出したという事実そのものが,興味深い。

一方,The Timesの24日記事が,この強奪事件に関連して,ベルファストのリパブリカンの自宅を家宅捜索したことを伝えている。それなりのレトリックも使われている上に,事件の概況も合わせて書かれていて,なかなか読ませる記事だ。

http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2-1415365,00.html
December 24, 2004
_
Police launch dawn raids in hunt for stolen £22 million
By Simon Freeman, Times Online
_
The home of leading Belfast Republican Eddie Copeland was being searched today by police in the hunt to recover £22 million stolen in Britain's biggest bank raid.
_
Detectives checked every room in his three-storey home and took away shoes and mobile phones. At one stage during the two hour search they opened 30 Christmas presents.
_
Mr Copeland said: "I had nothing to do with any robbery. They had no reason to come here because I have nothing to fear, and this to me looks like a politically-motivated operation."
_
The robbers held the families of two bank workers hostage for 24 hours, forcing the two staff to help them carry out the heist at the headquarters of the Northern Bank in Belfast on Monday night. £22 million was taken, £12 million of it in distinctive Northern Ireland banknotes.
_
Today the Northern Bank revealed that it is considering a plan to withdraw from circulation every single banknote that it has issued. The move would make much of the stolen money impossible to spend, although it would also cause enormous problems for legitimate savers.
_
Meanwhile, forensic experts in white overalls were involved in the search as armed policemen stood guard outside the house at Holmdene Gardens, Ardoyne, a republican area of North Belfast which has historical IRA links.
_
A second house in the Lenadoon area of West Belfast was also searched by officers trying to recover the money, stolen from the vaults of the Belfast headquartrers of the Northen Bank on Monday.
_
Yesterday the Provisional IRA issued a brief statement denying that it was involved in the raid. Police chiefs have however not ruled out the possibility that it was masterminded by the IRA.
_
Mr Copeland, 34, was in bed with his partner while their 20-month-old daughter slept in another room when uniformed and CID officers knocked on his front door.
_
Mobile phones belonging to him, his partner and two others due to be handed over at Christmas as gifts were taken away, as well as chips from a digital camera. At one stage, according to Mr Copeland, one of the officers allegedly told him: "I bet you thought days like this were over."
_
He said: "They deliberately targeted me because they know I'm a republican in the area. It's politically motivated and they're trying to make out republicans were behind this robbery.
_
"There's no reason why they should come here, no reason at all, and I have nothing to fear. Police can come here at any time, not that I would ever want them to.
_
"They took all my shoes away, including those I'd had for Christmas. All they left me was a pair of slip-ons. And they opened all the Christmas presents as well. They just peered in and put them back again but it was a serious invasion of my privacy."
_
Detectives have pieced together details of how the meticulously planned raid was carried out.
_
On Sunday night, some of the robbers posed as police officers breaking news of the death of a relative to gain entrance to the two bankers' houses.
_
The families of Chris Warde, 23, and his supervisor, Kevin McMullan, 30, were held hostage as the pair were ordered to report for work at midday on Monday, where their jobs took them into the cash centre in the basement of the bank in Donegall Square West.
_
One of the bank workers was ordered to test the security by walking out of the building with a holdall containing £1 million. He was not spotted by security staff, and passed the bag to one of the gangsters, disguised in a hat and scarf, who was standing round the corner in Upper Queen Street.
_
Over the next two hours, huge quantities of banknotes were loaded into crates and boxes. On two occasions, at around 7pm and around 8pm, the van, larger than a Transit and with a distinctive tail-lift, called at the bank's side entrance to collect them.
_
CCTV footage showing the van on the way to collect the cash was circulated by detectives yesterday. It emerged that a traffic warden had noticed the robbers' van and reported it to the police as suspicious, but the police did not respond in time to foil the raid.


テレグラフの記事(23日)では「IRAは関与を否定していない」とあったが,24日のタイムズでは「IRAは関与を否定する声明を昨日出した」と状況が進展している。

コープランド氏の自宅を家宅捜索した警察官が言ったという,「こういう日々は終わったと思っていただろ」という一言が,「ずっと狙ってたんだけど,政治的ななんちゃらのせいで手出しできなくてずいぶんイライラしてたよ」と読める。

しかし,靴を全部持っていくってのは,いくら捜査のためでもあんまりだ。懲罰的な意味合いもあるかもしれない。

さらに,21日のガーディアン記事が,事件の様子を詳しく書いている。それだけでなく,10月に起きたある事件についてこんな一節がある。
In October £2m worth of cigarettes were stolen from a Gallaher warehouse in Belfast. That also involved a gang holding a family hostage while a member of staff was forced to open up the premises on an industrial estate.
_
At the time the chief constable of Northern Ireland, Hugh Orde, announced that the raid had been carried out by 3 paramilitaries but would not say which faction might have been behind it.
_
The Democratic Unionist Party alleged the raid must have been sanctioned by the Provisional IRA.
_
Mr Kinkaid told a Policing Board meeting in Belfast: "All paramilitary groups in the last five to six months have been involved in serious robberies on both sides of the community."
_
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/0,3604,1378545,00.html


つまり,10月にも倉庫から200万ポンド分のタバコが盗まれており,そのときの手口と今回の現金強奪の手口には共通点があるが,それについてNIの警察のトップは「パラミリタリーの仕業であるが,どの組織なのかは口にしなかった」。そしてDUPはお約束の「IRAだ」。さらに警察のトップの補佐官であるキンケイド氏は「(リパブリカン側もユニオニスト側も)どちらも重大な強奪事件にここ5,6ヶ月関与してきている」と述べている。

というわけで,初期報道は「IRAの犯行」という短絡を打ち消そうとしているんじゃないかと私には見えるものがいくつもある。

が,24日――クリスマス・イヴに,主要なリパブリカンであるコープランド氏の自宅の家宅捜索が行われている。

25日のBBC記事によると,捜索の際に住民たちと警官の衝突があり(住民たちが石や瓶などを投げつけた),警官が5人負傷したそうだ(住民側の負傷者については記述なし)。

捜索が行われたwest BelfastのBallymurphyは……just off the Falls Roadですか。そうですか。「テロリストの巣窟」として「悪名高い」エリア。(「ベルファストの“ファルージャ”」とでも言うべきか?)

west Belfastの写真:
secfence.gif
http://cain.ulst.ac.uk/images/photos/belfast/lanark2.htm

これは何かというと,Peace Lineと呼ばれるAnti-terror Security Fenceです。

But few of those who have loudly denounced Israel, including Jack Straw and the Foreign Office, seem to remember that similar barriers exist in a part of the United Kingdom. We refer, of course, to the "peace lines'' of Belfast, first erected in the early 1970s at the behest of the British Army.
_
-- the Daily Telegraph, 24 February 2004
posted by nofrills at 10:39| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。