2006年01月16日

ジョージ・ベストにファンが捧げたサッカーシャツは南アフリカへ。

10日の記事ですが・・・

ジョージ・ベストの葬儀のときにベルファストの自宅にファンが持ってきたサッカーシャツが,お姉さん(or妹さん)夫妻によって,南アフリカの子供たちに贈られたそうです。

シャツが届けられたのは,南アのKwaZulu Natalという州にある貧しい地域。子供たちがプレイしているピッチは坂になってる場所にあり,しかもアリ塚ででこぼこになっているが,少なくともアリ塚は人力で取り除けるし,これをきっかけとして12ヶ月もしたら立派なピッチになって,熱心なチームがここから誕生するかも,とジョージ・ベストの義兄(あるいは義弟)は語っています。

Best shirts find South African home
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4597084.stm

お姉さんの言葉:
"Football, anywhere in the world, if it gives any child a chance to come through and shine, George would have loved it - he just adored the game," she said.
お義兄さんの言葉:
"Poverty is so endemic here in this particular part of South Africa, and we just thought to ourselves that if we could do some small bit of good for them, that is what we should try and achieve.
_
"With a bit of luck, this may go on from here and perhaps if we come back in 12 months, we can see a proper soccer pitch and a very enthusiastic soccer squad."


Patronisingにならず,「私たちに何ができるか」ってことに真摯なこの言葉。

政治ショーでしかなかったMake Poverty Historyとついつい比較してしまう。
posted by nofrills at 00:56| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。