2005年04月25日

マーガレット・サッチャーと労働党。

Labour invoke Thatcher memories
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/vote_2005/
frontpage/4480663.stm


マーガレット・サッチャーは、言うまでもなく、保守党だ。対するに、トニー・ブレアは労働党だ。ただしブレアの労働党は、サッチャーに反対していた労働党ではなく、New Labourである。

そのNew Labourが、ことあるごとにサッチャーサッチャーと言っているのはなぜか、と、ゴードン・ブラウン財務大臣が質問された、とのこと。それに対する答えが……
Asked why Labour ministers kept referring to Lady Thatcher, Mr Brown said she would have been "appalled" by today's Tory pledges.
_
He said: "The central message of the Conservative party throughout the 1980s and indeed the early nineties was their competence on the economy.
_
"That's what they talked about all the time, that's what their manifestos were all about. But she never got herself in the position of making promises here, there and everywhere.
_
"If you look at the Conservative manifesto, all caution has been taken to the wind, has been thrown away, and on their local manifestos are promising this, that and everything else."


つまり、「労働党が保守党のサッチャーのことをそんなに頻繁に口にするのはなぜか」と尋ねられ、ゴードン・ブラウンは「こんにちの保守党の言ってることを聞けば、サッチャーは非常に立腹するだろう」と答えた、と。

……意味がわからない。

その後の部分を読んでも、Asked why Labour ministers kept referring to Lady Thatcherに対する受け答えにはなってないと思う。

ああ政治。
posted by nofrills at 23:50| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。