2004年10月01日

拉致されているケン・ビグリーの言葉。

とりあえず,9月30日付け,インディペンデント記事より,ケン・ビグリーさん(イラクで拉致された英国人の「復興支援事業」関係者)のことばを。

http://news.independent.co.uk/world/middle_east/
story.jsp?story=567222


以下は仮原稿です。あとでアップデートするかもしれません。⇒しました。このエントリにまとめてあります。
英国のみなさんにお伝えしたいことがあります。私の生命を救うための進展も交渉もありません。また,イラクの収容所でイラク人女性たちが受けている辱めを終わらせるための交渉も行われていません。
_
トニー・ブレアは嘘をついています。
_
ブレアが交渉をしていると言っているのは,嘘です。ブレアは交渉などしていません。
_
私の生命は価値がないのです。ブレア首相は私のことなど気にかけてはいません。
_
お願いです,私を助けてください。そしてイラクの母親たちを助けてください。
_
ブレア首相はテロリストとは交渉しないと言っています。
_
フランスは人質に取られた人たちを確実に解放するために,これらの人々(these people)と交渉しています。


※上記のあとに少し続くのですが,BBCに掲載されているFull Textと比較対照(というかつき合わせ)をしてから,また改めてやります。
posted by nofrills at 16:06| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。