2005年05月26日

Awareness of the living pain of so many can have different effects on each of us.

Awareness of the living pain of so many can have different effects on each of us.


Therefore we cannot self-righteously approve of some forms of violence against others with whom we disagree and disapprove of it from other sources.
_
Hypocrisy and self-righteousness are as alien to nonviolence as nuclear weapons and for the same reason - they destroy our humanity: so we have to be extremely vigilant about our own motives, and yet prepared to challenge violence, in season and out, whoever the perpetrators may be.


-- from "East Timor - the Northern Ireland Connection", a speech by Mairead Maguire in Dublin, Friday 8th November, 1996Mairead Maguireはこんな人:
Mairead Corrigan Maguire founded the Community of the Peace People in 1976 along with Betty Williams and Ciaran McKeown. Mairead was the aunt of the three Maguire children who were hit by a getaway car after its driver was shot by a soldier. The deaths prompted a series of marches throughout Northern Ireland and further afield, all demanding an end to the violence. Mairead and Betty went on to win the Nobel Peace Prize in 1976. ...
_
-- from www.peacepeople.com


冒頭で引用したスピーチ,"East Timor - the Northern Ireland Connection"は,1996年11月にダブリン(アイルランド共和国)で開かれたI.P.J.E.T. (International Platform of Jurists for
East Timor) Conferenceの席上で行なわれたもの。

大変に長いので全文をじっくり読むことはまだできていないのだが,自分のためのブックマークの意味もあって,ウェブログにメモしておくことにした。

1996年――東ティモール独立は2002年5月,1996年といえば,インドネシアに無理やり軍事占領されて血みどろの弾圧が行なわれていたときだ。

1996年――アイルランド(ここでは南北でひとつと考える)はというと,ブレア政権誕生が1997年なのでその前年すなわちメイジャー政権の時代で,98年の和平合意はまだ先の話。それどころか94年のIRAの停戦宣言が破られた年であり,96年6月にはブリテン島で200人以上を負傷させたPIRAの爆弾テロがあり(マンチェスター),10月には英軍基地への襲撃があった。むろんそれはIRAからの一方的な攻撃に終わったわけではないだろうが,Wikipediaとかでちょっくら調べた程度では何も資料らしき資料がないので(IRAについては山のようにあるのだけれど)わからない。PIRAの二度目の停戦宣言が出たのは97年だ。

そういうときに,International Platform of Jurists for East Timorの会合が,ダブリンで行なわれていたということは,2003年4月8日にベルファストで米英首脳会談などという話より,よほど深いことだ。(あのときは「ベルファストの爆弾予告電話にいちいち大騒ぎしている米メディア」にニヤニヤさせられましたが,米国のナイーヴな層には「アイリッシュ・リパブリカン・アーミーは自由と解放のために戦ってきた正義の戦士である」と本気で信じている人が多いということが改めてわかって,ニヤニヤした分へこんだ。)
posted by nofrills at 03:41| quote | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。