2004年11月05日

North East Assemblyのプラン,住民投票で「否」。

North East votes 'no' to assembly
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/
3984387.stm


英国のブレア政権下での「地方自治拡大」は,確か98年とか99年ごろに頻繁に新聞とかで言及されてたと思う。

North East Assembly(イングランド北東部にassemblyを設置する)というのも,ブレアの一連の「地方分権」の「改革」の一環として位置付けられていたのだが,住民投票の結果は……
The total number of people voting against the plans was 696,519 (78%), while 197,310 (22%) voted in favour.


つまり,賛成が22%,反対が78%。

ダメダメじゃん。

反対キャンペーンのリーダーは
He said: "I'm not interested in giving the government a bloody nose - I am sure they are honourable people. But I would rather John Prescott has two weeks' embarrassment than us be saddled with a £25m white elephant.

……と,white elephant扱い。

スコットランドとかNIの場合は,独自のassemblyを持つことの意味はとても大きいのだけれど,イングランド内部でのassemblyについては,
the new tier of government would be an expensive talking shop with very little real power.

という考えが多数派(しかもものすごい大差で)。

っつーか,「わかってる」人が多いということでしょう。

ニュー・レイバー,本当に,もうそろそろ終わりですね。それでも,次のプランは立ててあるんだろうけど。問題はそのプランの質。もう,政権発足当初の「わかりやすい言葉」etcのマジックは,とっくに通用しなくなっているのだし。(例えば,例のEducation, education, and educationなんて,今じゃギャグだしね。)

英国内,いや,イングランド内でこんなことになってるようでは,イラクにおいてマトモに動くプランを持ってるとはちょっと思えない。英国の内なる植民地,北アイルランドがあの状態であることはいわずもがな。
posted by nofrills at 14:23| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。