2004年08月14日

解放された英国人記者の会見の模様〜その2。

さっきのBBC記事に続き,Daily Mirrorの記事です。

LUCKY JIM
Aug 14 2004
Rebel Moqtada orders gang to let reporter go
By Mark Ellis And Vanessa Allen
Daily Mirror記事
イラクで拉致され処刑すると脅されていた英国人ジャーナリストが,昨晩,拉致されて20時間もしないうちに解放された。
_
James Brandonさん(23歳)は,反乱者の指導者,ムクタダ・アル=サドルの命令によって,劇的に解放された。
_
フリーランス・ジャーナリストのBrandonさんは,現地時間木曜日の午後11時(英国時間の午後8時)にバスラのホテルで銃を突き付けられて拉致された。その19時間15分後の昨日午後3時45分に,Brandonさんは解放された。
_
英国外務省によると,Brandonさんはイラク南部の都市バスラにあるサドル師のオフィスのひとつに引き渡された。
_
拉致を行なった者たちは,米国主導の軍隊が包囲している聖地ナジャフから24時間以内に撤退しない場合は,Brandonさんを殺害すると脅迫していた。
_
囚われていた間に,Brandonさんは銃弾の入っていない銃で処刑するまねをされていた。
_
しかしシーア派聖職者のサドル師が,このパブリックスクールで教育を受けたロンドン出身の人物(←Brandonさんのこと)を,すぐに解放するようにと命令した。
_
昨晩,あざのできた目を隠そうともせず,Brandonさんは「大丈夫です,回復しています。マハディ軍には感謝しています。健康状態ももう良好です」と述べた。
_
Brandonさんによると,彼を拘束したことでサドル師が不快になったということがはっきりするまでは,手荒い扱いを受けていたという。
_
「私がジャーナリストだということがわかったと彼らは私に言い,そして彼らは私は解放されることになったと言いました。」
_
「実際に解放されるまで,本当かなと思っていました。バスラからは出るつもりです……もう拉致されたくはないですから。」 Brandonさんはフリーランスでサンデー・テレグラフやスコッツマンに書いている。彼は(宿泊していた)Diafa Hotelのベッドから30人のガンマンたちによって引きずり出され(て拉致され)た。
_
その後彼は,上半身裸でビデオ映像に現れた。誘拐犯たち(←BBCはa kidnapperとしているが,Mirrorはhis kidnappersとしている)が「我々はイラク人民の息子たちである」と言っているのがテープに入っている。
_
「我々は,聖地ナジャフから24時間以内に占領軍が撤退することを要求する。撤退しない場合はこの英国人人質は殺す。」
_
テープではBrandonさんは「私はジャーナリストです。ただ,イラクで何が起きているのかを書いているだけです……サンデー・テレグラフのJames Brandonです」と言っている。
_
昨晩,Brandonさんの母親のHilaryさんが,息子からの電話の後で英外務省で会見をし,次のように述べた。「長い一日でした。おそらく,ここでもイラク全土でも,息子を助けようと何百という方がご尽力くださったのだと思います。」
_
「たった今息子と電話で話をしましたが,目のあざのことで冗談を言っていました。息子は喜んでいます。」
_
外務省の報道官は「James Brandonさんが解放されたことを確認し,安堵しております。Brandonさんは安全で健康状態もよく,バスラのBritish Officeにいます」と述べた。
_
Brandonさんは,中近東研究で修士号を持ち,Baghdad Bulletinという新聞で仕事をしていたが,同僚のRichard Wildさん(24歳)が道路を渡っていて銃で撃たれて死亡したためにこの新聞は短命に終わった。(←このパラグラフはちょっと意訳してます。履き違えてるかも。)
_
その後BrandonさんはIraq Todayという新聞で仕事をしていたがそれも廃刊となり,フリーランスとなった。これまでにイラクでは70人を超える外国人が人質に取られてきて,その中には日本人のジャーナリスト2人も含まれている。(←原文ママ:誰のことなのかはっきりしない。また,犯行を行なったのは,4月の日本人拉致2件ではファルージャの抵抗組織であろうし,今回の英国人拉致は南部のサドル配下の勢力で,同一の勢力ではない。)およそ20人が現在もまだ拘束されており,少なくとも8人が処刑されている。


さっきのBBC記事と読み比べると,MirrorではBrandonさんがどういう人物なのかをより詳しく書いています。(BBCでは別ページにBrandonさんのプロフィールをまとめています。)一方で,Mirrorのこの記事では,会見の様子は書かれていません。会見が行なわれる前に原稿が作成されたのかもしれません。
posted by nofrills at 19:35| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。