2005年04月04日

Maths anxiety

http://education.guardian.co.uk/higher/news/story/
0,9830,1451911,00.html


う〜〜〜ん、どうなのかな、これ。
"Maths anxiety", as it has been named, can seriously inhibit people's abilities to work out sums.


to work out sumsがmathなのかどうか(arithmeticじゃないの?)ということはさておき、(sumsというのはおそらく記事を書いた人の誇張表現か、あるいは口語でこう言うのかな、とにかく「計算」一般のことと思われるのだけれど、)

Pupils are believed to develop anxiety over maths from primary school, with pupils as young as 10 describing the same feelings as adults.

↑の下線つけた部分、「だから?」。記事にこれが書かれてないから気になる。教えてほしい。苦手意識(日本語で言えばそうだろう)は大人になっても変わらないってことに何かあるんだろうか。

ええ、小学生のころから「計算」が苦手でしてね、テストのときなんか、3番から後の文章題から始めてたタイプなんです。高校では担任教師(数学)に「お前はセンスがなさすぎる」と言われました。ええ、センスの問題とか言われてしまうと「生まれつき才能が備わってないのね」で開き直るしかないわけで、開き直る以前から諦めていたのが事実ですけど。

math anxietyの調査を行なった研究グループの人いわく:
She added: "We think it interferes with working memory, which is the memory you need to do calculations. It's thought that what happens is that anxious thoughts compete with the memory resources we need to do maths."


私は「私が数学ダメなのはmath anxietyのためにmemory resourcesがダメダメなのが原因です」と言えるのだろうか? 大したことではないけど、微妙に気になる。。。
posted by nofrills at 22:21| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。