2005年03月29日

勘弁してくれこのコメントスパム(番外)新旧比較

28日に大量発生したコメントスパムは、これまでのものと違っている。

これまでのものは、↓に図で示す通り、ページにアクセスした形跡を残さないことがほぼ100%だ(調べずに削除だけしている場合も3〜4件あるので「ほぼ」とする)。一方で今回はアクセスした形跡がくっきり残っている。

これは、今までのコメントスパマーとは別系統のコメントスパマーにやられた、ということを意味していると推理することができる。なお、チャンネル北国さんでは既にrel="nofollow"属性挿入によるスパム対策解説)という手段を講じてくださっていることを、明記しておく。

今までのコメントスパマーは、うちの場合、そんなに頻繁に襲撃してくるわけではなかったので、「スパまれてたら(<変な日本語)その時は削除で」という方針でも対応できた。

が、28日のコメントスパマーは、1時間半の間に70回もページにアクセスし、何かを放り込んで行った。(削除したときに70もあるようには感じなかったので、連続投稿がハネられた分もあるのかもしれない。<未確認) 最初の方の投稿ではjamesって名前が入ってた。最後の方ではfとかqとかwとかのアルファベット1文字。手が疲れたか?(ゲラゲラ)

いやもうほんとまじで頼みますって。

私は年度末と年度始めでしばらくばたばたする。困ったもんだ。

「コメント欄を見た目上消してしまう」こともできるのだが(北国さんのFAQのQ-23を参照)、それじゃ自分にとって不便だし(私は自分によるメモ的な情報追記をコメント欄で行なっていて、コメント欄の主目的はそれ)。

どうしたものかな。。。

IPどころか国ごとアク禁にしてしまったので(<これも強硬だよね。でも忙しいのでご容赦)、とりあえず様子を見て、また襲ってくるようであれば、コメント欄を消す、という方向で行くしかないかもしれない。

ああ、ぐったり。

■参考図版:
ページにアクセスした形跡のないコメントスパマー
23march_sp.gif
※画像はクリックで拡大
posted by nofrills at 00:34| about_this_blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。