2005年03月23日

ハートウォーミングなコメディ映画〜ベルファスト篇

1970年代,ベルファスト――カトリック系住民とプロテスタント系住民の対立,両サイドの武装組織のテロ攻撃,「暴動鎮圧」のための英軍の出動……激動の時代,引き裂かれた都市に生きた2人の少年……ひとりはカトリック,ひとりはプロテスタント。彼らの友情は「壁」を崩す――

という映画だと思います。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4371169.stm
http://www.uip.ie/mickyboandme/気になるのは,
there are high hopes that it can promote Northern Ireland as a prime location for movie makers.

という一節。(BBCの記事より)

「映画の舞台として好適」ってさぁ。

この映画に意味がないとは思わない。日本で公開されれば見たい。けれど,この一節には「なんだかなー」としか言いようのない気分だ。私がまったくの部外者だからか? 

もうちょっと詳しく書いた部分(BBC記事より):
The Northern Ireland Film and Television Council, which was set up eight years ago, is keen to use Mickybo and Me to encourage other movie makers to think of the province as a possible location for their projects.
_
The council has a strategy to develop the local industry over the next three years, and its chairman, Colin Anderson, said he believes it can make a significant contribution to the province's economy.
_
"With the funding that we have, we are now in a position to attract some very serious investments into Northern Ireland to try and make it happen," he said.
_
"When we invest in a movie for perhaps about £600,000, what we are looking for is four times that to be reinvested into the Northern Ireland economy.
_
"It is significant - if we are making four or five movies a year, we are returning millions into this economy."


映画の製作会社についての情報:
It was produced by Working Title Films - the company responsible for Notting Hill, Four Weddings and a Funeral, Bridget Jones' Diary and Billy Elliot - in association with Belfast's New Moon Pictures.

……なるほどね。そういうことね。

なお,映画の原作はOwen McCafferty's acclaimed play(公式サイトより),ということで戯曲の映画化です。

また,北アイルランドのカトリック系とプロテスタント系の間の物語はこれが初めてというわけでななく,昨年夏に入手したオクスフォード大学出版局の教材一覧(英国の学校で使われるテキストブックのカタログ)に,副読本として「ベルファストの“ロミオとジュリエット”」みたいな小説が載ってます。ちょっと読んでみたいなあと思いつつそのままになってるんですが。
posted by nofrills at 00:43| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。