2005年03月15日

記事をいくつか(英国政治ニュース)

社会の構成員の自由(civil liberty)を制限する法律が制定される動きは英国でも起きている。

このことについて,サルマン・ラシュディがガーディアンに書いてる。

http://politics.guardian.co.uk/comment/story/
0,9115,1436911,00.html

The exception to European secularism can be found in Britain, or at least in the government of the devoutly Christian and increasingly authoritarian Tony Blair, which is presently trying to steamroller parliament into passing a law against "incitement to religious hatred", in a cynical vote-getting attempt to placate British Muslim spokesmen, in whose eyes just about any critique of Islam is offensive.
_
Journalists, lawyers and a long list of public figures have warned that this law will dramatically hinder free speech and fail to meet its objective - that religious disturbances will increase rather than diminish. Blair's government seems to view the whole subject of civil liberties with disdain - what do freedoms matter, hard-won and long-cherished though they may be, when set against the requirements of a government facing re-election?
しかし,ざっと読んでみたものの,特に結びの部分で「インテリの書いた文章を読んだ!」という気分にひたってしまうだけで(こういう感想自体がまったく無意味だし),内容について何も考えることができない。内容がわからないわけではないのだが,何がどうなのかわからないけれど,何も言語化されない。

抽象的なことが考えられないモードにあるらしい。

もうちょっと引用:
In Europe, the bombing of a railway station in Madrid and the murder of the Dutch film-maker Theo van Gogh are being seen as warnings that the secular principles that underlie any humanist democracy need to be defended and reinforced. Even before these atrocities occurred, the French decision to ban religious attire such as Islamic headscarves from state schools had the support of the entire political spectrum.


テオ・ファン・ゴッホ殺害を契機にオランダの空気が変わった,というレポートは,先日テレビのニュースで見た。何年か前に極右政党党首が暗殺されたときに「オランダ社会が変質せざるを得ない」と言われていたが,最近さらに加速している,という内容だったことを覚えている。

いわば「共存」から「同化」へのシフト。

毎日のニュースをただ読むことに追われていると,ただ,こんなのあたしの知ってるヨーロッパじゃないわ,アデュウ,と涙を流し駆け去るのみ,という気分になりかねないのだが,実際には何が変なのかというと,こんなにもあからさまに「自由」と「安全」が秤にかけられていることなのかもしれない……しかも「安全」をプロモーションするために。

ちょっと違うか。

しばらく時間を置いて,ラシュディの記事を再読することにする。

……と思ったら,BBCのトップページの一番下にこんな記事が。
libsec.gif

■このほかに,具体的な記事をいくつか:
プリンス・オヴ・ウェールズとカミラ・パーカー=ボウルズがよく遊びにいくスコットランドの海岸に放射性廃棄物。(「チャールズとカミラが」などということより,その地域の人々や生命のことを心配すべきだが,それではヘッドラインにならないかも。)
http://politics.guardian.co.uk/homeaffairs/story/
0,11026,1437900,00.html


保守党のLord Tebbit(1984年のブライトン爆弾テロで重傷を負った,対IRA強硬派)が,ブレアに対し「IRAには何も手を講じてこなかったではないか」と批判。(「テビット卿が」という時点で,先日のケン・リヴィングストンによるシャロン批判と同様,言っている中身とは関係なく,「そうですか,新しいことではないですね」的ニュース。)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/4344461.stm

今年の選挙に立たない議員の名もちらほら上がるようになってきた。早くから不出馬を表明していたのが保守党のマイケル・ポーティロ。一時は党首候補になった人物だ。労働党のポール・ボーテングも不出馬表明。アフリカンとして初めて政府の要職についた……って2000年ごろだったはずだからついこの間の話。
※URL控えるのを忘れたので,Paul Boatengで検索を。

サンデイ・テレグラフの取材手法のスキャンダル。
http://politics.guardian.co.uk/homeaffairs/story/
0,11026,1437963,00.html

Graham Allen, the Labour MP for Nottingham North, claimed that the Sunday Telegraph had threatened Steve Green, the Nottinghamshire chief constable, that unless he gave the interview they would reveal details of covert operations being undertaken by his force against key criminals.

インタビューに応じなければ秘密捜査をばらす……捜査の妨害なのでは?

ジョージ・ギャロウェイ(元労働党左派・追放されて新政党結成)が名誉回復途上か。
http://politics.guardian.co.uk/election/story/
0,15803,1437952,00.html

Bethnal Greenは大変な選挙になりそうです。

最後にブレア。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/4345843.stm
Speaking on ITV, Tony Blair refused to make an apology for taking Britain to war in Iraq, and insisted history would prove he had made the right decision.

2005年3月になっても2003年3月と同じことばを繰り返している人。嘘も100回言えば……的手法なのか何なのか。

おまけ:ゴードン・ブラウンがvalue, valueとうるさいくらいらしい。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/newsnight/4347369.stm
At the Great Britons Awards early this year he said: "We can find common qualities and common values that have made Britain the country it is. Our belief in tolerance and liberty which shines through British history. Our commitment to fairness, fair play and civic duty."

これは要注意。Britishnessを出すからといって,即それが国粋主義を意味することにはならないのだが(労働党のロジックでは特に),そしてさらに,ブラウンのBritishness発言はスコットランドにおいて,スコットランド民族主義の人々(労働党かSNPかの浮動票)に対して語ったなかでのことのようだが,ここまで堂々と〈神話〉を持ち出していること自体に要注意。What sort of "fairness" is this? というツッコミも成り立つのに,あえて言っているということに。

ブラウン発言,もう少し引用:
"I think the days of Britain having to apologise for our history are over. I think we should move forward. I think we should celebrate much of our past rather than apologise for it and we should talk, rightly so, about British values.
_
"If you look at whole span of British history it's time to emphasise that that is at the core of our history, that's at the core of our Britishness and it's such a potential influence on our future that I believe we should be talking about it more not less."

わぅ。。。

ひょっとして,ひょっとすると……UKIPとかBNPとかに流れそうな票もほしいのでしょうか。
posted by nofrills at 11:55| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。