2003年10月08日

IDSネタのお時間です。

IDS=Iain Duncun Smith,保守党党首です。日本では,イラク侵攻の後で国会でブレアに対して「あなたは私たちを欺いた」と矢のような非難を浴びせている映像が,わりとよく流れました。何だかどうしようもなく華のない人です。ご先祖は日本人だという話もありましたが(真相は私にとっては謎→過去記事:ここの13番),口から先に生まれ……もとい,論客のポーティロだとか,あとクラークって人もいたような気がするけど,まあとにかく党内のライヴァルを破って保守党の党首になったのに,マダム・タッソーでは「あんなつまらない人の蝋人形はおかない」と言われる始末(もう作られたかもしれません)。ほんで,このイアン・ダンカン=スミスさん,英国の新聞などではIDSと略称で記されることが多く,っていうかすでにそれ自体がネタ風味って感じもしますが,やっぱ何かほんとにパッとしません。

で,まあ,ここのところ労働党への逆風が強まる一方なのですが(イラク問題はもちろん,英国の内政もガタガタだったりするので),となればがぜん活気付くのは,2大政党の片割れの保守党。(Independent紙だけは「次はLibDem」と息巻いていますが。)年次党大会を控え,「次の選挙はうちがいただきだぃ」とばかり,怪気炎を……

と行くのが普通なんですが,さすがIDSと略される党首の党だけある。保守党系の新聞であるテレグラフでさえも,"People used to say about John Major that if only every voter could meet him personally then the Tories would win the election. Unfortunately, the opposite is true of IDS."(ジョン・メイジャーの場合,有権者が実際に会ったら保守党が勝つと言われていた。しかし,IDSの場合はその逆だ)という,匿名の保守党議員の声を載せて,アンチIDSキャンペーンをやりだす始末。

どうやら保守党も内部がかなりバラバラなようです。日本の自由民主党みたいなものでしょうか。保守党には個人的にまったく興味がないので(ネタとして,およびライティングの手本になりうる英文の供給源としてのみ興味あり),内部事情などはわかりませんが,労働党だってブレア対ブラウンが何年もくすぶっているわけで,まあ,何かあるんでしょう。

ちなみに,高校で習う「英国の2大政党=トーリーとホイッグ」の「トーリー」が保守党,「ホイッグ」がLibDem(自由民主党)です。19世紀後半に自由貿易を求めた米国(笑っちゃうけれどほんとの話)に対し,保護主義(農業保護)を貫くべきとしたのがトーリーで,自由貿易を主張したのがホイッグ。その点では,保守党がGMフード(遺伝子組換食品)自由化に異議を唱えているのは,昔と同じ,なのかもしれません。(なお,労働党は20世紀に台頭した社会主義政党。1997年に社会主義はやめましたが。)

------------------
おまけ:
ダンカン=スミスさんのご先祖に関する話より(過去記事の転記):
Ellen Oshey, part of a Japanese samurai family straight out of the realms of Crouching Tiger, Hidden Dragon. The warrior clan lived in China and gave up its swordplay for the gentler art of painting.

the realms of Crouching Tiger ...のCrouching Tiger, Hidden Dragon は映画『グリーン・デスティニー』(←邦題)のことですが,上の文の意味がわかる方がいらしたらご一報ください。私には「ジャパニーズ・サムライ」と「中国(清朝か?)」のつながりがわかりません。明治維新のあとに大陸に渡って剣を捨てた士族がいたのでしょうか。ていうかa Japanese samurai family straight out of the realms of Crouching Tiger, Hidden Dragonねぇ……『グリーン・デスティニー』ってジャパニーズ・サムライの話でしたっけ?

なお,このEllen Osheyさんという方はダンカン=スミスさんのひいおばあさんで,エレン・オシェイという名前はひいおじいさん(スコットランド人)がつけた名前だそうです。この「エレン」さんのお父さんは,フランスの画家モネに招かれた日本人の有名な画家のひとりだったそうです。
posted by nofrills at 15:00| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。