2005年11月22日

1914年の戦場のメリークリスマス

とても有名な話なのだが、第一次大戦開戦後ほどない1914年のクリスマス、ドイツ軍とイギリス軍が対峙する最前線で、ほんのわずかの時間だけ「停戦」が実現したことがある。両軍の兵士たちが、空き缶をボール代わりに雪の上でサッカーをしたりした。

そのとき現場にいた兵士たちの、最後の生存者が、天寿をまっとうされたそうです。

Last soldier serving in 1914 Christmas truce dies, aged 109
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2005/11/22/nvet22.xml&
sSheet=/news/2005/11/22/ixhome.html
この映画での、それの描かれ方の美しかったこと。

■過去記事
http://ch.kitaguni.tv/u/917/i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war/0000051752.html
posted by nofrills at 23:33| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。