2004年01月26日

イラク/北アイルランド:「誰がテロリストになっているのだろう」

※DoXさんのブログのエントリの標題をちょっくら拝借しました。

さて,と……。翻訳Pが終わるまでは気持ちが落ち着かなかったんですが,ようやく落ち着きました。

というわけで,OpenDemocracy.netのフォーラムより。かなり熱くなっているスレッドなのですが,12-Jan-2004 16:36 にある人が次のような投稿をしています。(日本語は概略を示すのみ。)

Mazin Ezzat (an Iraqi ex-general living in Iraq) said: "... but you didn't mentioned the hundreds of innocent civilians who are gunned down daily by American bullets."
Mazin Ezzat(イラクの元軍人)は「何百という民間人が米軍の弾丸で毎日殺されているということにはあなたは触れていない」と書いた。
Scott Malcomson (a vet from the 1st Gulf war) responded: "The very idea of firing on unarmed citizens is anathema to the American"
Scott Malcomson(湾岸戦争従軍の元軍人)はそれに対して「民間人に発砲するなんて米国的にはありえない」と反論した。
Mike Johnson (who has friends serving in Iraq right now) also responded: "It's downright laughable... American troops obviously do not enjoy killing civilians, and since all of my contacts (friends) over in Iraq, all of whom are military personnel ... I must draw the informed conclusion that you are completely wrong."
Mike Johnson(友人が現在イラクで兵役についている)もまた「冗談でしょ。米軍が民間人をおもしろがって殺してるだなんて。イラクにいる僕の友人はみんな軍人だけど……そんなのありえないって」と反論した。
Strange though it might seem. I think they are all correct. Okay, hundreds of innocent civilians killed daily is an exaggeration. But it is entirely possible that large numbers of innocent civilians are being killed in crossfire between US troops and insurgents.
奇妙な感じがするが,みなそれぞれ正しいと僕は思う。何百人の民間人が殺されているっていうのは,まあ確かに大げさだろう。しかし,多くの数の無辜の市民が米軍と反乱勢力との間の戦闘に巻きこまれて死んでいるということは,十二分にありうる。
In the UK, we had a similar situation in Northern Ireland. Where troops trained for aggressive military action (British Paratroopers), were used for peacekeeping purposes. The result was Bloody Sunday - where it appears a number of unarmed civil rights marchers were gunned down.
英国では,北アイルランドで似たようなことがあったんだ。(←私としてはここにぐっときたわけです。)軍隊は攻撃の訓練をする。治安維持目的だったはずが,結果は「ブラディー・サンデー」だった。多くの非武装の公民権運動デモ参加者が銃で撃たれて死んだ。
The trouble is that men will often behave very aggressively when they believe they, and their friends, are in imminent of being killed. And so if the insurgents shoot at US troops, the troops are likely to fire back, and if they are scared enough, they'll shoot anything moving, armed or unarmed.
問題は,人間は,自分たちとその仲間がやられると信じている時に,とても攻撃的になることが多い,ということだ。反乱勢力が米軍を撃てば米軍は反撃するだろうし,恐怖を感じていれば動いているものは何でも撃つだろう。武器を持っている者でも持っていない者でも。
We can criticise the insurgents (and I do) for hiding behind unarmed civilians, but the fact is that if US troops fire back aggressively, they'll kill civilians, and generate recruits for the insurgents among their grieving relatives.
丸腰の市民にかくれていることで,反乱勢力を非難することはできる。僕も彼らを非難する。しかし実際には,米軍が激しく反撃すれば,市民を殺すことになって,悲しみに暮れる遺族の間から反乱勢力に加わる者が出るんだ。(←これ,まさに北アイルランド。)
Its easy to criticise individual US soldiers, but I doubt members of this forum would do any better. They have accidentally killed Iraqi police on their own side (http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/3385683.stm), but it must be an incredibly difficult situation where your enemy wears civilian clothes, and where you do not speak their language, and where 217 of your colleagues have been killed by insurgents since the end of the war. Even the British Army, with decades of experience in Northern Ireland, and with a relatively quiescent situation in Basra have had problems (http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/3386075.stm).
米兵ひとりひとりを非難することは簡単なこと。米軍は味方であるイラク人警察官を誤って殺してしまったけれど,敵が市民の服装をし,周りが喋っている言葉が理解できなくて,戦闘終結以来217人もの同僚が殺されているという状況は信じられないほどに難しいものだろう。英軍には北アイルランドでの何十年もの経験があるけれど,英軍のいるバスラは比較的安定しているのだけれど,その英軍にしても問題はある。
What I would criticise is that the US military have resisted getting involved in peacekeeping in the past (for example in Afghanistan), and so as an orgisation they lack experience. And I would criticise the general tenor of US military leadership (for example from Rumsfeld) who appear to encourage aggressive peacekeeping, rather than restrained peacekeeping.
僕が非難するのは,過去において米軍がPKOに関わることに抵抗してきたことだ(例えばアフガニスタン)。つまり彼らには経験がない。それと,米軍の指導部もよくない(例えばラムズフェルドの言ってることとか)。攻撃的PKOを推進したがってるように見える。
In the UK we have read a lot of articles by journalists of US troops, with no Arabic, having great difficulty treating local Iraqis calmly, constantly afraid of attack, and so waving their weapons around in a way that frightens the locals. I'd be interested to hear from your contacts in the US army in Iraq how they find things, and whether life in the dangerous Sunni triangle is as dangerous as it appears
英国では,米軍はアラビア語がわからなくて地元のイラク人を穏やかに扱うことがなかなかできないとか,常に攻撃を警戒していて,地元民を驚かすようなやり方で武器を見せつけているとかいったジャーナリストの記事をたくさん読んでいる。イラクにいる米軍の人から,どう思っているかをぜひ聞いてみたい。危険なスンニ・トライアングルでの生活は,外から見るのと同じくらいに危険なのかどうかを聞いてみたい。


ああ,北アイルランド。やっぱりそう見ている英国の人がいた。

というわけで,例の,808ページの本を読みます……。
posted by nofrills at 19:23| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。