2005年02月23日

イランの地震。

時系列で記事が並んでいるYahooのニューストピックスを一覧すると,最初の報道では5人,その次がいきなり400人,そして500人超と,数がどんどん増えている。さらに「村全体ががれきに」といった写真が出ている。

BBC NEWSのIn Picturesには10枚写真が出ている。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/4286403.stm「瓦礫と化した建物」「嘆く人々」「運ばれる遺体(あるいは遺体を運ぶ人々)」といった画像からいろいろと連想されることがあるのだが,そんなことよりもまず,寒そうなのだ。

さらにWednesday, 23 February, 2005, 10:27 GMTのBBC記事によれば,雨が降っているために救援が遅れているという。

とりあえずイランの天気情報を見てみる。

地震でひどいことになっている「ザランド(Zarand)」の情報はないが,ザランドと同じ県(州?郡?)にあるバム(Bam)――2003年に大地震があったところだ――の情報を見ると(Bam, Iranのページを参照),現在は13度。天気は晴れ。更新日時が「2005年 02月 23日 09:20 IRT」となっているから,これは晴れた日の朝のデータ。夜は気温は1ケタというデータがある。

さらに,地図(←PDFです)を見ると,ザランドはバムとはけっこう離れていて内陸で,バムとザランドの間(ややザランド寄り)の「ケルマン(Kerman)」という場所のデータを参照すると,現地時間14:20で気温は10度。やっぱり寒そうだ。

BBC NEWSに現地からのレポート。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4288043.stm
県の副知事(deputy to the regional governor)がインタビューに応じたもの。

概要。
およそ3万人が被災,数百人が死亡している。
_
ザランドの近くのある村【時事通信記事に名前のある村は「ダフーエ村」,人口約1500人】は完全に破壊されている。ロシャン(Roshan)といったほかの村でも,建物の9割が倒壊している。
_
一方でそれほどの被害を受けなかった村もある。行政はザランド市とケルマン市および被害が最も大きな地域に対策本部を設けている。
_
今朝地震が発生したとき,私はケルマン市の自宅にいた。被害はあったが,うちはそれほどひどくはなかった。
_
ケルマン市内の被害は,建物の構造が損傷して,倒壊した建物もあるが,それほど大きくはない。現在は特に問題はなく,本当に深刻な事態は発生していない。
_
被災した人々は,臨時のキャンプや毛布などを最も必要としている。雨や雪がひどいため,被災地に向けてテントや防水加工された物資を集めて送らなければならない。
_
救援にあたるチームは1600人ほど。ボランティアや警察,赤十字および赤新月職員で構成されている。被災地の住民をほかの町に移送するなどしている。
_
数日の間は,安全のため,被災地の人々をザランド市に非難させなければならない。【地震のない英国のBBCでははっきりしないのですが,おそらくは余震があるのではと思います。】
_
被災地の状況は把握している。被災した村のなかには山岳地帯にある村もあり,雨や雪で道路が通行止めになっていて往来は難しいが,情報は入ってきている。
_
被災地に向けてヘリを9機出し,物資輸送および負傷者の移送を行なっている。天候が荒れているのでヘリが使えない状態も生じている。
_
現段階で行政が最優先としているのは避難施設の設営,および,子どもたちが授業を受けられるよう臨時の学校の開設である。被災地の学校はすべて休校となっているため,子どもたちが授業を受けられるように確実にしておかねばならない。
_
現状ではやることがあまりに多いが,1週間か2週間で被災地の生活再建を考慮できる状態になるだろう。


日本語の記事は2月23日(水)19時43分 のがありました。
【ホトカン(イラン南東部)23日共同】イランのムサビラリ内相は23日、同国南東部で22日起きた地震の被災地、ケルマン州ザランド近郊ホトカン村を視察、死者が550人に達するとの見通しを記者団に述べた。
 同州では23日、行方不明者の捜索や被災者の救援活動が続いた。しかし山間部の村では悪天候や道路の寸断により、捜索活動が難航している。
 内相によると、地震で8000戸の家屋が倒壊、1万世帯が被災した。イラン国営放送は22日、ケルマン州知事の話として、負傷者が900人に達したと報道、被害規模が確認できない村もあるため被災者がさらに増える見通しだ。AP通信などによると、約40の村が被害を受け、約3万人が被災したという。


BBCの読者投稿ページには,イラン国内からのメッセージが10件くらい掲載されています。イランも地震国で,「1日に1度小さな揺れ」はあっても驚かないくらいだというメッセージがありますが,今回の地震は11秒間揺れ続けたそうです。また,被災した村については下記のような投稿が。
Dahoo, one of the villages, is destroyed completely and 90% of Hootkan and Kolkoye structure are also destroyed.
posted by nofrills at 20:45| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。