2004年09月02日

北アイルランド,次のステップ。

1994年8月31日,IRAが停戦を宣言した。
http://newssearch.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/
stories/august/31/newsid_3605000/3605348.stm


それから10年。

Talks Resume in Bid for N. Ireland Gov't
http://www.guardian.co.uk/worldlatest/story/0,1280,
-4467195,00.html


NI process enters 'vital weeks'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/
northern_ireland/3615920.stm
とりあえず,あんまり明るい状況ではない。

BBCから:
However, DUP leader Ian Paisley insisted there would be no deal until the IRA was disbanded.


ガーディアンから:
But the Rev. Ian Paisley, the Protestant firebrand whose assent to power-sharing has become essential, said his Democratic Unionist Party won't even talk directly to Sinn Fein, much less cooperate with the IRA-linked party, until the IRA fully disarms and disbands.
_
"Do people who have arms and hold on to them - can they be in the government of Northern Ireland? We say no,'' said Paisley, 78, an anti-Catholic minister and lifelong opponent of compromise.
_
Paisley compared the IRA to garbage that must be thrown away.


……すげー強気。このイアン・ペイズリーのDUPという政党が,昨年11月の選挙で勝利している。

一方のシン・フェインのジェリー・アダムズは
Sinn Fein leader Gerry Adams, who met separately with British and Irish government officials at the Stormont government complex in east Belfast where the talks were held, said Paisley's invective may reflect "pre-negotiation nerves."
_
He recalled that Paisley's party boycotted the negotiations that produced the U.S.-brokered Good Friday peace accord of 1998.
_
"This is a new experience for the DUP. When was the last time the DUP were in negotiation with anybody?" said Adams, a reputed veteran IRA commander.
_
"Sinn Fein's up for doing a deal here, don't have any doubts about that," Adams added.


……ちょー余裕。ま,とりあえずこれはお約束って感じなんでしょうね。(しかしAdams, a reputed veteran IRA commanderってのは……こういう風に書いていいのか?)

1994年の停戦の後,1996年にロンドンの新興ビジネス中心街のドックランズでの爆弾テロで,IRAはテロを再開した(死者2人,損失何万ポンド)。この間の空白に何があったのかは,正確なことを知りたいので,本を読んでいる(が,808ページもあるのでなかなかそこまでたどり着かないのだ)。

その後1997年にまた停戦が宣言されたが,IRAの中でも強硬に「武装闘争」を主張する人々がReal IRAとして分派,1998年に30人くらいが死亡した爆弾テロ(Omagh Bombing)を行った(参考)。

ロイヤリスト側のテロ組織(UVFとか)は,IRAが最初に停戦を宣言した1994年8月31日の後の10月13日に,停戦を宣言した。

2000年,私は1ヶ月ちょっとロンドンに滞在していたが,そのころニュースはIRAの武装解除のことを連日伝えていた。見ていても何のことだかわからなかった――進展がなかった。

2000年,IRAは武器の一部を手放し始めた。2001年,いわゆる「米同時多発テロ」の前に,Real IRAはロンドンでいくつかのターゲットに爆弾を仕掛けた――ハマースミス橋,BBC本社,イーリング。また,MI6の本部の建物(これがまた目立つんだよね)にロケット弾を打ち込んだ。(外れた。)

念の為にまた書くけれど,私はIRAが嫌いだ。だが,それはIRAがイングランドでテロをやってたので自分にもちょびっとは影響があったから,というとても単純な理由によるもので,政治的な理由によるものではない――IRAと敵対していたテロ組織を支持しているからではない。

IRAを「ゴミ」とまで言うUDPのイアン・ペイズリー,この人だってかなりいろんなことしてたはずなんだけどね。実際に銃を取ったかどうかは別としても。

でもね,IRAはイングランドでは明確に「敵」だった。彼らが「これまで多くの人命を奪ったことを謝罪する」という声明を出したのは2000年だったか2001年だったか,そのときタブロイドの1面にはSorryの文字が踊っていた(the Mirror, the Sunは確認した)。

-----------------------------

「和平」の過程(グッド・フライデー合意など)はガーディアン記事の後半にまとめられている。

北アイルランドを「アルスター」という独立国家にしようという運動をしている人たちのサイトのFAQは,ポイントを簡潔にまとめている。
http://www.ulsternation.org.uk/faqs.htm
posted by nofrills at 06:46| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。