2005年07月27日

IRAの武装解除ないし/および解体関連。

実に久しぶりだ,IRAのことを,IRAについて書いた記事で読むのは。

ガーディアン記事:
Hopes rise of IRA move on disarmament
http://politics.guardian.co.uk/northernirelandassembly/
story/0,9061,1536710,00.html


記事の副題にある
A statement this week could commit republicans to a historic change - but nothing is certain

の後半を見ると,ううむ,これはいつもの展開になるのかしらと思うのだけど,記事だけは読んどかないとね。うーん,しかし記事が長い。さくっと要点だけ読みたい方は,ガーディアンのNewsBlogを。(NewsBlogのコメント欄には,新聞記事の多くより的確だなあと思うものがいくつかあります。)

さて,記事:
Hopes rise of IRA move on disarmament
http://politics.guardian.co.uk/northernirelandassembly/
story/0,9061,1536710,00.html


今のIRAについて,これはまるでベケットの『ゴドーを待ちながら』であるとの記述はよく為されているのだけれども,この記事も導入部はそう。

今日のガーディアン記事のコアは,ずずーっとスクロールしたところにある,
The IRA is finalising the wording of its statement, and Mr Adams cautioned this week that it needs "space". Post-ceasefire Northern Ireland has seen a decade of constructive ambiguity.

という部分です。それと,もっと下にある次の2パラグラフ半。
Mr Adams and Mr McGuinness were in talks at Downing Street this week, and General John de Chastelain, the disarmament chief who would oversee any decommissioning that followed an IRA statement, is on standby in Dublin.
_
Last night Sinn Fein announced that Mr McGuinness and party colleague Rita O'Hare would head to the US today, heightening speculation that an announcement is imminent. A party spokesman said: "The purpose of the visit is to brief political opinion and Irish America on the political situation."
_
Downing Street sees an IRA statement as a sign that paramilitarism can be carefully removed from Northern Ireland's working-class communities, where it rules most people's lives. ...


そして,その「IRAのステートメントとは何か」については,記事の上の方にある部分を参照。
Speculation has been ebbing and flowing since April, when the Sinn Fein leader, Gerry Adams, made a groundbreaking speech challenging the IRA to abandon its armed struggle and embrace politics, discarding the old strategy of the Armalite in one hand and the ballot box in the other.


このジェリー・アダムズのgroundbreaking speechについては,過去記事(4月7日)とその記事にトラバした記事を参照。

そして記事には
Sceptics noted that the speech came while Sinn Fein was being vilified across the world for IRA members' alleged involvement in the murder of Robert McCartney, an innocent Catholic.

とあるのだけど,殺害されたRobert McCartneyが"innocent"だったのかどうかは,実はまだわかんないんじゃないかなあ……ロバート・マッカートニー殺害事件は今年の1月にあったのだけど,「パブでの口論の末」と当時の記事にはあり,口論の挙句の刺殺事件であるとすれば,お決まりの「どっちが先に手を出したのか」も明白な証拠に基づいて法的にはっきりさせないことにはイノセントかどうかはわからなくて,そしてその件はまだ法廷での結論は出てないはず。。。ひょっとしたら結論がもう出ているのに,私が気づいていないだけかもしれませんが。ちなみに裁判についての最新記事@ガーディアンは6月4日付け

いずれにしても,この殺人事件は異様なほどに政治化され,ニュースにもいっぱい取り上げられたので多くの人が知っている。それがジェリー・アダムズへの一種の圧力として作用したことは疑いないと思います。

でもIRAの活動のコアは別にあるわけです。それについて,IRA内部での話し合いは続けられてきており,今週にもステートメントがあるのではないか,とのこと。
But Sinn Fein says the IRA has spent months in an intense internal debate over abandoning guns for pure politics. It is thought that the organisation could issue a statement this week saying members are to end "active service" and transform themselves into an old boys' network of republican clubs.


……しかし
But timing is everything and many remain cautious. The republican machine prides itself on news management. It would not want to make its historic announcement when it was not guaranteed to top the news agenda. Having often bombed London, the IRA does not now want to be associated with Islamist suicide bombers or risk seeing its groundbreaking announcement relegated to a paragraph on the wider terrorist threat.


……(^^;)

こうだから,IRA関連のニュースは,何が何だかわかんないんだって。政治的な思惑,政治的な打算と計算,その他「目立たなければ意味がない」など,いくつもの要素がかなり入り乱れているから。しかも暗号(笑)だし。(いやほんと,何を言ってるのかさっぱりわからないことがあるんですよ,リパブリカン側の政治家の発言は。)

ちょっと笑った記述が,
Tony Blair is desperate for some good news to show he is not fighting domestic terrorism on two fronts. But republicans have never played to Downing Street timetables.


そりゃそうだけどね。。。(^^;)

そして例によっての「IRA幹部」関連情報がいきなり出てくる。(「本人たちは幹部であると否定しているが,その彼らが幹部を降りた」って,バックグラウンドを知らずに読む人には意味がわからないのではないかと思うような記述ですが。)
However, in the past few days, Gerry Adams, Martin McGuinness and Martin Ferris, who represents Kerry North in the Irish parliament, are said to have stood down from the IRA's ruling army council, a body they continue to deny ever being part of.


なお,この記述のソースは,NewsBlogの記事によると,The Irish justice minister Michael McDowell told journalists in Belfast today (アイルランド共和国の司法大臣がベルファストで記者団に語った)ことだそうです。(北アイルランドについては,英国政府とアイルランド共和国政府の両者が関わっています。だから「ベルファストで共和国の閣僚が」ということがある。)

IRA関連について非常にわかりづらいのは,ジェリー・アダムズだとかマーティン・マクギネスといったシン・フェイン幹部が,IRAの最高指導部メンバーなのかどうかがわからないことにもひとつ原因がある――本人たちは「私たちはIRA幹部ではない」と言い,敵対する勢力は「それは嘘。彼らはIRA幹部だ,テロリストだ」と言い,これらのどこまでがほんとのことで,どこまでが攻撃で,どこまでが自己正当化のプロパガンダで,どこまでが根も葉もない一方的断定なのか,さっぱりわからない。

閑話休題。

The British and Irish governments now want a definitive end to all IRA activity, expressed in a statement that does not require a degree in code-breaking to decipher.


「暗号解読しなくても読めるステートメントで,IRAの活動をすべて完全に停止すると述べることを,英国政府およびアイルランド共和国政府は求めている」。

確かに,何が暗号で何が普通の言葉なのか,さっぱりわけわかりませんから,P O'Neilの声明は。

っつーかこの長い記事自体,かなり読むの大変なんですけど……(^^;)

なお,北アイルランドは今どういう感じかというと:
But this week the warping role of violence was clearer than ever. In the early hours of yesterday, a Catholic church and a pub were attacked in Ballymena.
_
Meanwhile, the loyalist Ulster Volunteer Force is making a mockery of its ceasefire, as a bloody feud with a splinter group, the Loyalist Volunteer Force, appears to be spiralling out of control.
_
Two men have been killed in recent weeks. Over the past two days 100 or so UVF men forced out six families with links to the LVF from an estate in east Belfast. Loyalist paramilitaries then occupied the streets as police stood by.


というわけで,カトリック教会やパブが襲撃されたり,ロイヤリスト側の内紛が手におえない状態になってる(この数週間だけでも2人死んだ)。ロイヤリスト武装勢力(IRAじゃない方のテロ集団)のひとつであるUVFのメンバーが,対立している同じロイヤリスト組織のLVFとつながりのある人たちを,住居から追い出したりしている。

北アイルランドについては,ロイヤリスト側による暴力について伝えられることは少なく(英語メディアでも――ましてや日本語での情報なんてほとんどない),リパブリカン側の暴力のみが書き立てられるのが現状なのだけど,問題はIRAが武装解除すればそれで終わるというものではない。

仮にIRAの活動完全停止が宣言されても,DUPのペイズリーは「シンフェインとパワーシェアリングなんて考えられない」とか言うだろうし(……と思ったら,記事にそう書いてありました。最後に)。
posted by nofrills at 23:52| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。