2005年07月02日

7月2日と3日の「BS世界のドキュメンタリー」はイラク/対テロ戦争関係3本

※大筋,teanotwar.blogtribe.org/とのダブルポスト。

6月5日の「『テロとの戦い』の真相」に続き,NHK-BS1の夜10時ごろからの「BS世界のドキュメンタリー」で,7月2日(土)と3日(日)にイラク/対テロ戦争関係の番組が合わせて3本放映されます。2日に放送されるのは,「バグダッド撤退アーカンソー州兵 任務終了」で,これは以前に総合テレビで放送されたものではないかと思います。(やや不確実。)

3日放送分の1本は「ザルカウィ・イラク武装勢力リーダーの実像」(制作はフランス),もう1本は「イラク 拡大する軍事ビジネス」(制作はスイス)。(<「スイス」ってのがちょっとえぐくないですか? 気のせい?^^;)

BS1の主な番組より:
BS世界のドキュメンタリー
後10・10〜11・00、後11・10〜深夜0・00
_
「ザルカウィ・イラク武装勢力リーダーの実像」
後10・10〜11・00
 イラク国内で起こっている数多くのテロ事件の首謀者としてアメリカが行方を追っているザルカウィの人物像に迫る。これは、レバノンのテレビ局が中東の人脈を生かしザルカウィの生涯を取材した素材をもとにフランスのプロダクションが追加取材のうえ完成させたドキュメンタリーである。ヨルダンに生まれ80年代アフガニスタンでソビエトに対してムジャヒディン(戦士)としてジハードを戦ったザルカウィは、サラフィストと呼ばれるイスラム原理主義の一派と接触したことで頭角をあらわし、この一派のネットワークを頼って活動の舞台をイラクに移したという。
 番組は、ザルカウィとビンラディンの関係は欧米で言われているほど密接ではないとし、欧米がイスラム世界についてより正確な情報を持つことの重要性を訴えている。 
_
[前説] 柳澤解説委員
[原題] Zarqawi:The Making of a Terrible
[制作] フランス/2005年
_
「イラク 拡大する軍事ビジネス」
後11・10〜深夜0・00
 イラクに英米仏から多数の民間軍事会社が進出、自国の元兵士などを警備員として送り込んでいる。その総数は1万5千人といわれ、アメリカを除く各国イラク駐留部隊の総数に匹敵する。元兵士は石油施設や要人の警護にあたることで多額の報酬を米軍やイラク省庁から得ている。
 スイスのディレクターが、イラクで活動する民間軍事会社数社に密着取材、単なる警備をこえた任務を行う元兵士たちの「軍事ビジネス」の危険性を浮き彫りにする。
_
[原題] Warriors for Hire
[制作] スイス/2004年


Zarqawi:The Making of a Terrible については,検索してもこの放送を紹介した日本語の記事しか見つからないので,詳細は不明です。(フランス制作なので,フランス語で探さないと何も出てこないのかも。。。)

Warriors for Hire は,tvcatalunya.comで昨年10月に放映(←リンク先はスペイン語)。これによると,制作はMichel HeinigerとJean-Philippe Ceppi,撮影はPhilippe Roulinだそうです。

余談ですが,Warriors for Hire で検索したらこんなページがヒットして,ケルト模様で埋め尽くされているので「アイルランドのPMCなのか?」と思ったのですが……メインのページを見て爆笑しました。確かに「戦士貸します」企業ですが。(笑)

また,同じくWarrior for Hireで検索した結果ですが,2004年4月にSalon.comに掲載されていたPeter W. Singerの文章が,ファルージャ関連です。もう少し詳しく言うと,ファルージャなどでいかに「軍のアウトソーシング」が行なわれているかを説明した文章です。

そういえば先週末,NHK総合での「NHKスペシャル」で,「軍事ビジネス」を特集していました。番組の最後の方で取材に応じていたオランダ人の「民間軍事企業社員」(傭兵)――バグダードでステイしていたホテルが爆弾にやられ,同室の同僚(南アフリカ人)は即死し(すごい血だまりが部屋に),自身は左目を失明,右腕のひじから先と右足の親指を切断という大怪我を負った方のインタビューでしたが,その方がオランダの新聞の取材に応じたあと,「イラクに行くにはどうすればいい」という電話をかけてきた人が120人もいたそうです。ひじから先のない腕と視力を失った目とを隠さずに撮影された写真を掲載してあって,「イラクには行くな」と大書きした記事だったにもかかわらず。この元傭兵の方は,そういった電話には「俺にはもうコネもない。とにかく行くな」と返事をしているとのことでしたが。

これだけの怪我を負って,会社から支給された補償金(<用語は不正確かも)は,日本円で100万円くらいだったそうです。オランダは決して「物価の安い」国ではありません。100万円程度ではその後の生活はどうにもなりません。仮にこのケースが米軍人であった場合は,100万円をはるかに超える(多分10倍の)補償があります。(なお,参考までに,米軍の軍事行動で死亡・負傷したイラク人への補償は,100万円よりはるかに低いです――物価水準の違いを考慮しても,「補償」と呼べる金額とは言いがたいし,さらにその補償とやらの支払いはスムーズに進むわけではありません。この点を米議会にプッシュしたのが,先日バグダードで標的を外した自動車爆弾にやられて死んだマーラ・ルジカの組織。)

この番組は途中からしか見られなかったのですが,見終わったあと,英国の作家フレデリック・フォーサイスの小説『戦争の犬たち』のキャット・シャノンの「プロ」具合と,最後の数ページに示された彼の明確なヒロイズム/ヒロイックな行為をぼんやりと思い出しました。

■NHKスペシャル,『“戦争”請負人〜イラク・民間軍事会社の実態〜』をご覧になった方の記述:
「OUT」さん,6月29日
「Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜」さん,6月26日
posted by nofrills at 01:19| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。