2006年06月23日

ヒートアップしすぎだ(Australia - Croatia )

Live: Croatia 2 - 2 Australia
http://newsimg.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4853428.stm
86 mins SENT OFF:
Both sides now have 10 men as Emerton is sent off for his second yellow card after a deliberate handball. His mistake happens just after Australia replacement keeper Kalac denies Prso from inside the box.
_
84 mins SENT OFF:
It is more misery for Croatia as Simic is red-carded for a second bookable offence after his rash challenge on Kewell. Srna also gets a yellow card after complaining to the referee.
_
79 mins GOAL: Croatia 2-2 Australia
Australia are back in the runners-up spot after a dramatic equaliser from Kewell. Bresciano crosses in from the right before fellow substitute Aloisi flicks on in the box for Kewell to finish at the far post.


キューウェルのシュートで同点になり、5分後にクロアチアのシミッチが退場(1発レッド)、さらに2分後にオーストラリアのエマートンが退場(イエロー2枚目)。

しかもさらにオチがついていて:
90 mins: Croatia escape another sending off as Simunic is booked for a foul but the referee forgets that he had already booked the player.


90分(公式によると93分)にもさらにクロアチアから1人、シムニッチがsent offになる場面。BBCによれば、審判がこのプレイヤーにもうすでに1枚イエローを出していることを忘れていたために、退場は免れる。(公式の試合アーカイヴでは、「93分にレッド、94分にイエロー」になってる。???)

結局2−2のドローで、オージー勝ち抜け。次はイタリア。FIFA WorldCup公式によると、Man of the Matchはキューウェル。(リヴァプールのみなさん、またもやおめでとうございます。)

以上、あっちの速報をBBCから。ブラジル対日本のマッチレポートは:
http://newsimg.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4853416.stm

パスからの玉田のゴールは見ててスカっとしました。きれいなゴールでした。BBCではJapan's surprise leadと伝えていました。

前半終了時のplayer raterは:
PLAYER RATER: Robinho is the pick of the players according to those of you on Player Rater. He's clocked the highest score, to date, of 9.18, but is closely followed by Yoskhikatsu Kawaguchi (9.05) and Keiji Tamada (8.64).

というわけで、最高は9.18のロビーニョ、次が9.05の川口、その次が8.64の玉田。

試合終了後、6:10ごろ(日本時間)のplayer raterは:
p-rater_br.png
posted by nofrills at 06:10| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。