2006年03月23日

トニー・ブレアの大失言(あるいは、「アホかこの男は」、もしくは「虎の尾を踏む愚」)

“正直な”改め“無能な”某大統領と違ってアタマがいいはずだったのに、トニー・ブレアがとんでもない失言。

Unionist anger over Blair remarks
Wednesday, 22 March 2006, 08:38 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4831804.stm

He said Muslims who committed acts of terrorism were no more true to their faith than the "Protestant bigot" who murdered Catholics in Northern Ireland.


# 「鯨構文」だし。(^^;)どこが「とんでもない失言」であるかを示すために太字強調したいところだが、太字にしたい語ではないのでやめておく。(ダブルクオートの中です。)

上記引用部分は、「テロ行為を行なうムスリムは、北アイルランドでカトリックを殺害した『意見の一致しない者は一切認めないプロテスタント』と同様に、その信仰に忠実ではない」という意味。

「意味」を伝えるためにbigotを「意見の一致しない者は一切認めない」と説明的に日本語にしたけれども、英語のbigotはそんなにやわらかいことばではない。

bigotは意味的には「自分の考えだけが正しいと思っている」ということで、辞書には多分「頑迷な」とか書いてあるけれども、「頭が固い」とか「自分のことしか見えてない」という方がまだ近く、場合によっては「ジコチュー」とかいう表現に相当し、時にはもっと強い罵倒となる。

で、北アイルランドという文脈では、確かにプロテスタントは「信仰」を利用して「カトリックを殺すのが神のご意思」とかやって、つまりbigotであるわけだけれども(根拠を示すためにリンク先を探す作業をカット)、プロテスタント側、すなわちDUPがかたくなに「シン・フェインとのパワー・シェアリングだけはNO!」と言い続けている現状で、そういうことばを使ってプロテスタント側を挑発してどうするよ。。。

これじゃas good asラム爺 or GWBだよ。。。ある集団に、集団としてのレッテル(批判的な形容詞)をつける。

実際の発言(BBC記事から):
"There are those, perfectly decent-minded people, who say the extremists who commit these acts of terrorism are not true Muslims, and of course, they are right," he said.
_
"They are no more proper Muslims than the Protestant bigot who murders a Catholic in Northern Ireland is a proper Christian.
_
"But unfortunately, he's still a Protestant bigot.
_
"To say his religion is irrelevant is both completely to misunderstand his motive and to refuse to face up to the strain of extremism within his religion that has given rise to it."


しかもbigotを2度も使っている。

しかも、自分でおっぱじめたイラク戦争から3年という機にロイター通信主催で外交政策とテロリズムについて語る場でこういうことを言うとは、あまりにも無神経じゃないか。

っつーか、a Protestant who murders a Catholic in Northern Irelandがbigotでありa proper Christianではないのなら、a Protestant who decides to invades a country and kill and maim thousands of peopleはどうなんだと小一時間。。。

すげー感情的になってしまった。

トニー・ブレアは本人はアングリカンだけれども、妻はカトリックで、また本人のアンセストリーもアイリッシュ(アングロ・アイリッシュでアングリカンだという話なんだけど、議論があって、正確なところはよくわからない)で、北アイルランドのプロテスタント・サイドからは、「(アイリッシュ・)ナショナリストに最初から肩入れしている」と見られてきた。そんなことは本人も充分にわかっているはずだ。

もちろんスピーチライターにも。

北アイルランドの政治の混乱を長引かせたいのかなあ。。。だったら「direct ruleでも特に問題ないようですので」って、現状のアセンブリーはきっちり終わらせて、(時期を区切ってでも)direct ruleにしちゃったほうがいいんじゃなかろうか、とすら思う。(やけくそモード)
posted by nofrills at 02:08| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。