2005年02月01日

BBC NEWS website, Tumour diaryの筆者が死去。

BBC NEWSのトップページのどこかで,Tumour Diaryというコーナーのようなものを見たことがある方はきっと多いだろう。

30代半ばにして悪性脳腫瘍と診断されたBBC記者が綴る日記だった。

いつも読んでいたわけではないけれど,トップページのどこかにTumor Diaryと書いてあって,短髪にメガネの記者さんの顔写真があると,元気なんだな,と思ったものだった。

その記者,Ivan Nobleさんが,脳腫瘍が原因で亡くなった。享年37。

BBC writer Ivan Noble dies at 37
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/4193093.stm科学技術の記者だったイヴァン・ノーブルさんが,悪性脳腫瘍と診断されたのは2002年9月。

「脳腫瘍日記Tumour Diary」の初回は,次のように書き始められている。

Thursday, 12 September, 2002, 09:39 GMT 10:39 UK
http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/2253201.stm
My life and that of my family has just been turned upside down.
_
Last month I was a healthy young man in my mid-thirties looking forward to working part-time, taking care of our baby daughter and making plans for next year.
_
Now I have just been told that I have a fast-growing tumour inside my brain.


最後の記事は,1月の最終週に投稿されたようだ――Sunday, 30 January, 2005, 12:25 GMT の日付で(ただしこの記事は,掲載後に読者からのフィードバックをアップするので,日付は最初に投稿されたときのものではない), The time has comeというタイトルがつけられている。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/4211475.stm
This is my last diary.
_
I have written it ahead of time because I knew there would be a point when I was not well enough to continue.
_
That time has now come.
_
When I began writing about having a brain tumour, I did not really know why.
_
That personal style of journalism was never something I was particularly attracted to or interested in reading myself.
_
But when I was diagnosed back in 2002 I had a strong urge to fight back against what felt like the powerlessness of the situation.
_
I really wanted to try to make something good out of bad.


そして――その時のために前もって準備しておいたというこの記事のひとつ前の記事(日付は31 Januaryになっているが,記事自体はその前の週に投稿されているはずである)は,Tsunami prompts rethinkというタイトルで,「実は休暇をあの辺りで過ごそうと,妻や子どもと計画していた」といった書き出しなのだが,下のほうの一節に次のようにある。
I do not have the life I want. I would love to be able to plan for birthdays and Christmases to come.
_t
My daughter is almost three and I still cannot believe she will share her third birthday with me very soon.
_
But I have hope and joy in the uncertainty. I have great hope and faith that I have much to achieve before the end.
_
How different to those hundreds of thousands struggling to stay alive and those who have to bury the dead.

_
 私の人生は望んでいるような人生ではない。この次の誕生日,この次のクリスマスの予定が立てられたらどんなによいことか。
 娘はもうすぐ3歳になる。でもその3歳の誕生日を一緒に迎えられるかどうか。
 けれども私には,不確実さのなかに希望と喜びがある。終わりを迎える前に多くのことを成し遂げなければならないという希望と信念が私にはある。
 何とか生きていようとしている何万何十万の人たち,死者を埋めなければならない人たちとの違いの大きさたるや。


合掌。

※上記リンク(どれでも)から,すべての記事が読めるようになっています。
posted by nofrills at 19:49| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。