2006年07月25日

うぎゃあ、これは言葉遊びが過ぎる。(でも爆笑)

zid vicious shirt

UKのフットボール情報サイト、football365.comのTシャツ部門から、£14.99だそうです。football365のTシャツは、着たいとは思わないのだけど、見てるといろいろ勉強になる(?)部分もあります。たとえば、「馬面のことはイングランドでもやはり馬の面ととらえるのだなあ」など。(すいません、すいません。)

カワイイ顔をした悪役の彼については、事件(?)直後は何種類か出ていたのですが、すっかり熱もさめてます。スコットランドじゃ人気者ってのはまだ売られていますが。(使われている色に注目。スコットランドの色です。)需要の見込みが多すぎたんでしょうか。

さて、Tシャツとは別に、Zid Viciousほどきつくはないけど、デイリー・メール(<「新聞」とは呼ばんぞ)も言葉遊び。

zid-noun.png

Zidaneを一般名詞化しようという陰謀の存在が明らかになりましたね。(笑) このまま進めば動詞化もします(活用はzidane - zidaned - zidaned - zidaning)。(英語は活用形が少なくて楽だなぁ。フランス語だとzidanerが原形で・・・。)

ともあれ、デイリー・メールの記事は、競馬のジョッキーが馬に立腹して頭突きを食らわした、というもので、このジョッキー氏が謝罪した、というものです。懲罰(出場停止)も下されているそうです。

なお、ジョッキー氏は
"It was a stupid mistake and I apologise to the public," said O'Neill.

と謝罪していますが、これ、日本語に“翻訳”するとしたら、アレですかね、「世間をお騒がせし、ご迷惑をおかけいたしましてまことに申し訳ありません」ですかね(<I apologise to publicだけで)。

あと、先日映画館で見かけた映画『ジダン』のチラシの写真、ぶれてますが:
film flyer - Zidane

チラシの下にぺろっと出ている紙に注目してください。(元々あったものです。私が用意したんではありません。)
posted by nofrills at 13:06| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。