2004年06月11日

IRAQI CIVILIAN WAR CASUALTIES

Raed Jarrarさん(weblog・英語 | 日本語化)らが中心となって行なった,2003年米英等によるイラク攻撃(イラク戦争)の民間人犠牲者の調査の結果が,ウェブに上がっています。
http://www.civilians.info/iraq/この調査は,2003年の夏にイラク各地をイラク人ボランティアチームが戸別訪問して行われた調査です。

犠牲者の氏名・年齢・職業・月収・扶養家族などが一覧になっていて,昨日6月10日にオープンしたウェブサイトhttp://www.civilians.info/iraq/で閲覧できます。

3月20日から5月8日までの統計は,日ごとの死者・負傷者数がグラフになっています(要flashプラグイン)。

調査が進んでいた当時の模様は,Salam Paxさんがウェブログで書いています。(上記サイトからリンクあり。)ガーディアンから出たSalam Paxの本(邦訳あり)にもおさめられています。(邦訳では326ページから353ページです。)

Raedさん自身のウェブログでは,2004年4月4日のエントリでこの調査のことが述べられています。
英語日本語化

Raedさんのコメントより:
In respect to their sacred memory, I would appreciate it if you could spend some minutes reading the database file: read their names, and their personal details, and think about them as human beings, friends, and relatives -- not mere figures and numbers.
(彼らの聖なる思い出のために,何分間かを費やして,データベースを読んでください。彼らの名前を読み,どういう立場の人だったのかを読み,そして彼らのことを人間として,友人として,親戚として考えてください――ただの数字としてではなく。)

※なお,この調査は,マスコミの報道の数値を独自に集計しているIraq Body Countとは別のものです。
posted by nofrills at 21:41| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。