2004年05月12日

サドル師のバグダード事務所を米軍が破壊。

記事のリンクだけ。

US destroys cleric's Baghdad HQ
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/3700131.stm破壊された事務所は,もちろん「サドル・シティ」にあります。(「サドル・シティ」の名称は,フセイン政権に暗殺されたお父さんの名前に因むもので,ムクタダ・アル=サドルに因んだものではないのですが。)

一方,この記事になぜか一緒に書きこまれている(しかも中途半端な位置に)ファルージャの様子。

Later a convoy of US Marines entered the volatile city of Falluja for the first time in more than a month.
_
They were accompanied by Iraqi troops from the Falluja Brigade, who have taken over the task of patrolling the city.
_
The convoy is being seen as a test of the truce agreed with the insurgents at the end of April.


ファルージャといえば,Raedさんのお母さんのFaizaさんが「隣の家にファルージャから逃れてきた人たちがいる」と書いていました。この方たちは,家が破壊されていなかったので,ファルージャの自宅に戻られたそうです。http://afamilyinbaghdad.blogspot.com/のSaturday, May 08, 2004投稿分(元記事=アラビア語が書かれたのは7日)。
posted by nofrills at 02:51| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。