2006年06月22日

nationとstateの間に。

The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国)という「国家」が、おおざっぱには、England, Wales, Scotland, Northern Irelandという4つの「単位」で構成されていることは、いまさら言うまでもないことなんだが、サッカーのワールドカップやEUROの時期になると、「4つの単位」がいつもよりはっきり見える。

England, Wales, Scotland, Northern Irelandという4つの「単位」は、それぞれがnationであり、それゆえそれぞれにnationalismがある。

※ここではNorthern Irelandについて深くは扱わない。すなわち、最初から「Northern Ireland」であったかのような書き方をしてスルーする。なぜならそこをちゃんと書くと途方もなく長くなるから。(もうちょっと丁寧な記述は、当ブログのnorthern_irelandのカテゴリ参照。)あと、「4つの単位」ってのもとても大雑把な把握ではある。

「英国におけるナショナリズム」としては、BNPやNFやCombat 18といった根本的に外国人・異人種排斥主義の「英国の極右」や、「イングランドで破壊活動を行なってきた北アイルランドのナショナリストのテロ(組織)」は、日本で比較的広く知られているんじゃないかと思うし、スコットランドのナショナリズムについても、ショーン・コネリーという超有名人が関わってるから、「そういうものがある」っていう程度には知られているんじゃないかと思う。ちょっと興味のある人なら、「スコットランド語」とか「ウェールズ語」の背景も知っているだろうし、あるいはコーンウォールについての最近の動きもある程度は知られているだろう。

でもそれらが具体的にどういう表れをしうるのかってことまでは、おそらく、そんなに知られてない。

「スコットランド・ナショナリズム」のあらわれとしてはものすごく極端なものなのだけど、スコットランドで、イングランド代表を応援している人に対するある種の暴力(言葉によるものを含む)が起きている。

ウェブログ「アンモナイト」さん@ウェールズの記事:
7歳の子ども殴られる (理由:イングランドを応援したため)  2006-06-22
http://tempest.blog3.fc2.com/blog-entry-1070.html続きを読む
posted by nofrills at 23:55| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sweden 2-2 England

Sweden 2-2 England
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4853282.stm

前半2分のオーウェンの「ぐぎ」の瞬間、「ベッカム様」の不調(らしからぬプレイ)などいろいろありましたが、後半44分までは、まあ、よかったんじゃないでしょうか。今大会でやっと「イングランドらしい」が見られたし、ジョー・コールのあのゴールは涙目になるくらいすばらしかったし。

しかし、後半45分のあの瞬間は、ほんとにひっくり返ったよ。「ベッカム様」も若干お壊れあそばしたようで、目元と口元のあたりにCLのときのリケルメが軽く乗り移っていましたが、ほんと、なぜあそこで1点取られるかね。しかもBSの実況では「イングランドはスウェーデン相手に38年間勝利がありません」を何度も繰り返し(→2002年もドロー)、朝っぱら(<私は日本で見ているので)からorz感を大盛りでありがとう、と、こみ上げる苦笑と背骨のあたりの脱力感。

Man of the Matchはジョー・コール。当然ですね。おめでとうございます。クラウチに後ろから抱きしめられる図は、「お前もいよいよ小学生だな」「うん、パパ」みたいでした。(比率、というか丈の問題。)

今朝方のBBC SPORTのキャプ。

england-sweden.png

試合後にふれでぃと握手をする「ベッカム様」:
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/photos/index.html?aid=310968&d=1

BBCのフットボール・コメンテイターのコメントのまとめ(含:アラン・シアラー!):
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/teams/england/5100756.stm続きを読む
posted by nofrills at 23:41| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

England 2-0 Trinidad and Tobago

england-tt.png

England 2-0 Trinidad and Tobago
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4853008.stm

画像は試合終了直後のBBC SPORTのトップページのスクリーンショット。

完全にフリーになってた「ベッカム様」からクラウチで1点(クラウチは踊ることも忘れゴールを喜ぶ)、さらにジェラードのどっかーんで1点、ということで、イングランドのみなさま、とりわけリヴァプールのみなさま、おめでとうございます。

さらに:
Fifa man of the match: David Beckham

おめでとうございます、「ベッカム様」。続きを読む
posted by nofrills at 02:57| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

「暴力」の持つ意味――「マンチェスター爆弾テロ」に関連して

ちょうど10年目を迎えた「マンチェスター爆弾テロ」だが、この事件が街にとってどういう意味を持つか――10年目にあたって、BBCなどでも記事が上がっている。

Bomb 10 years on: Where were you?
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/manchester/5036034.stm

あのとき、マンチェスターの反応は複雑なものだった。ひとことで言えば、"Why Us?"。マンチェスターにはアイリッシュが多い。続きを読む
posted by nofrills at 23:38| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マンチェスター爆弾テロ」から10年。

ドイツ対ポーランドの「因縁の対決」の際に大規模な暴れが発生し、300人が逮捕というようなことが起きるなか、イングランドでのあの爆弾テロから10年が経過した。そういえば、あの爆弾テロはEURO 96の大会期間中に起きた。

どの爆弾テロかわかんない人も多いかもしれない。そもそも日本ではそんなに大きく報じられていないし、あれから5年後に米国で起きたひどい事件のあと、あまりに何度も「テロ」と叫ばれ、そしてあの爆弾テロを行った「テロ組織」は和平を結び、その政治部門は政治プロセスに参加し、昨年には、その「テロ組織」は武力をともなう行動を完全にストップし、武器はコンクリ漬けにされた。今日もこんなふうに「世界のどこか」での「爆弾テロ」が報じられるなか、あの爆弾テロは、歴史年表の1行であるようだ。

BBC ON THIS DAY | 15 | 1996:
Huge explosion rocks central Manchester
http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/june/15/newsid_2527000/2527009.stm

1996 Manchester bombing
http://en.wikipedia.org/wiki/1996_Manchester_City_Centre_bombing

BBCの特集、Manchester Bomb
http://www.bbc.co.uk/manchester/features/Manchester_bomb/index.shtml

Memorial service marks 1996 bomb
Last Updated: Wednesday, 14 June 2006, 20:29 GMT
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/manchester/5081552.stm続きを読む
posted by nofrills at 22:38| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

「様」ニュースのお時間です・・・というか「ベッカム様」と呼ぶぞ。

うわぁ、これはひどい。

Beckham hits back at German paper
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/teams/england/5077706.stm

ドイツの大衆紙に家族をネタにされた。しかもそれが自分とヴィクトリアだったらいつものことと流したかもしれないけど、ネタにされたのが「様」のお母さんとお姉さん(or妹さん)と息子だっていうから、ひどい。いくらなんでもやりすぎだ。(「どーも、イチローの父、チチローです」、とかっていうんじゃないんだから。)

「様」語録。
He said: "When it comes to my family that is one thing I won't accept and never will.
_
"I find it sad that one person drops to the level of criticising my family, but it is one sad person thinking what they can do to put me off my next game."
_
He added: "I've had enough things said about me outside of my football career to not worry about something like this.
_
"I do find it sad but I've always had a great relationship with the German public. It's never been a problem."

_
「家族がああいうふうにやられちゃうとね、ちょっと許せないし、この先も絶対許せない。家族のことをああいうふうに言うほどのレベルにまで落ちれる人間がいるってことが悲しいよね。でもひとりの情けない人間がそういうことして、次の試合への気持ちを切れさせようって考えてるっていうことで。僕は、サッカー選手としての部分のほかの部分であれこれたくさん言われてきたし、そういうのは本気で気にしたりしてない。でも、情けない。ドイツの人たちとはいい関係を築いてきたのに。今まで問題になったことなんかなかったのに。」
続きを読む
posted by nofrills at 21:55| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒディンク待望論@いんがーらんど

Australia 3-1 Japan
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4852706.stm

これの、Your Viewsのページ:
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/5059530.stm

ここにはいんがーらんどの魂の叫びが。

- That's why Hiddink should have been given the England job!!
_
- The substitutes have really made the difference for Australia, Perhaps Guus Hiddink could give Sven a few pointers on how they work!

_
- だから、ヒディンクにイングランド監督を任せるべきだったんだってば。
- オーストラリアは選手交替で化けたね。すべんにはそういうのがわかってないから、ちょっとご教示願いたいところだ。
続きを読む
posted by nofrills at 21:49| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

France 0-0 Switzerland

France 0-0 Switzerland
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4852856.stm

がんばって生で見てました@東京、24:40〜。

どういうわけかやたらアーセナル(笑:これで「占星術」がなければさらに馬面どん!だったはず)なこの試合で、Man of the Matchはマケレレ(チェルシー)。「再三にわたってスイスの攻撃の芽を摘み、失点を食い止めた」ことが評価されている。マケレレはほんとにかっこよかったけど、MoMでは全体的に攻撃が評価されてるプレイヤーが多い中で、ちょっとさびしい。でもそういう試合。そしてイエローカードばかりが無駄に増えていく。観客席のエメ・ジャケも複雑な表情をしていた。予選の段階から相当orzな感じだったので、初戦で派手にってのにちょっと期待をかけてはいたんだけどね。

メディアでの試合の評価は・・・DRABとかDISAPPOINTINGとかWOEFULとかEntente banale(<フラ語、直訳すると「月並みな協調」)とか。続きを読む
posted by nofrills at 18:50| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

Loves got the world in motion

YouTubeで、ついうっかりこれを見てしまったので、頭の中が「えくすぷれす・ゆあせるふ、くりえいと・ざ・すぺいす、ゆ・のう・ゆ・きゃん・うぃん、どん・ぎぶ・あっぷ・ざ・ちぇいす」で大変だ。ぐるぐるすることがわかりきっていたので見ないようにしていたのだが。。。しかし「ついうっかり」でこれを見ることができるというのも、すごいことではある。

思えば前回大会のときはYouTubeはなかった。Flickrもなかった。Flickrは北米の会社であるため(元はカナダ、今はアメリカ)、運営者のブログではサッカーねたはほとんどないが、ユーザーからはどんどん写真がアップされているし、グループもいくつかできている(<リンク先のdescription参照)。こういったところを、頭の中で「えくすぷれす・ゆあせるふ」がぐるぐるするままに何となく見てたら、オリヴァー・カーンの例の看板の、かなり迫力ある写真があった。みんな自己表現してるなぁ。

それと、現地から細かい記事をまめに出しているhttp://www.worldcupblog.org/の写真だけがFlickrに上がっている。試合そのものの写真はないけど、スタジアム周辺で撮影された写真がいろいろあって、けっこう楽しい。例えば、パラグアイに勝ったあとのイングランドのファンの写真は、どう見ても「勝ったあと」の雰囲気ではない。おそらく何か辛口の批評でも交わしているのだろう。あるいは単に暑いだけかもしれんが。「暑さを吹き飛ばす快勝」じゃなかったしね。
http://www.flickr.com/photos/worldcupblog/

以下、雑多に、ついでにthe world in motionな感じで。続きを読む
posted by nofrills at 21:49| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LiverpoolとLondonのパブリック・ビューイングの騒乱の件

前の記事に少し書いたことに、Red Passionさんからトラバをいただいたので、続報などないかと思って記事を探してみたのですが、ああ日曜日。。。こういうときは案外北アイルランドのニュースのスラオさん(sluggerotoole.com)に「たまたまラジオで聞いたんだが」といった記事があったりするんだけど、NIもあれこれ緊迫していて、それどころじゃないみたい。というわけで、ブログでも見て回ればいいのかもしれないけど、とりあえずBBC。

Violence as England game screened
Last Updated: Sunday, 11 June 2006, 09:32 GMT 10:32 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/merseyside/5067904.stm

それから、リヴァプール地域紙記事:
Home-grown violence mars victory
Jun 10 2006
http://icliverpool.icnetwork.co.uk/0100news/0300nationalnews/...

簡単にまとめると、パブリック・ビューイングで騒乱になったのは、ロンドンのカナリー・ウォーフと、リヴァプールのクレイトン・スクエア。BBCではh-wordは使われていないけど、icLiverpoolでははっきりhooligansと書かれている。続きを読む
posted by nofrills at 21:30| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。