2005年01月29日

キャンベルが戻ってきた。

Campbell's return fuels rumours of snap election
http://news.scotsman.com/politics.cfm?id=99212005
ALASTAIR Campbell has made a full-time return to politics, resurrecting New Labour's winning general election team in readiness to fight a possible snap poll.
_
Mr Campbell’s daily attendance at Labour’s new campaign HQ in London, along with increasing input from another architect of New Labour, Peter Mandelson, suggests Mr Blair has reconstructed his "dream team" earlier than most observers were expecting.


キャンベルのみならず,マンデルソンもですか。。。続きを読む
posted by nofrills at 02:08| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

Opus Dei関連。

多分このウェブログでは書いてなかったと思う……ブランケットが内務大臣を辞任して,その後に教育大臣が入ったために空席になった教育大臣のポストに抜擢された,まだ30代の女性閣僚が,Opus Deiの信者なのではないか,という話。続きを読む
posted by nofrills at 09:52| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

入居者募集中らしいです。

物件:ハイドパークの目と鼻の先,Connaught Squareにあるジョージアン様式のテラストハウス。リファービッシュ済み。
家賃:週£2,750(£3,900のところ,大幅値下げ!)→換算したところ,538,862円/週。
家主:トニー・ブレア,シェリー・ブレア夫妻。

詳しい情報は……
Have Tony and Cherie made a £3.6m property blunder?(the Daily Telegraph:無料登録をしないと読めませんが。)続きを読む
posted by nofrills at 15:12| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

Was he poisoned?

やっと自分の時間ができたので,ちょっとうろうろしてみたらこんなサイトと出会ってしまった。あーあ。やること山積みなのに……というわけでおみやげ。

poisoned?
トニー・ブレアは毒を盛られたのか?
外見が完全に変わってしまった
1997年:ずっと保守党政権だったところに登場した,国民重視の若き首相
2004年:この国の評価をずたぼろにした戦争屋
続きを読む
posted by nofrills at 07:31| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

Cheriegate第2幕

2002年11月終わりごろか12月初めごろに英国を揺るがしたCheriegate,トニー・ブレアの妻でバリスターのシェリー・ブレアが,不動産購入に際し,後に国外退去処分となったオーストラリア人の詐欺師に相談に乗ってもらっていた,というようなことがコアにある「疑惑」だった。

それから2年――Cheriegate第2幕。続きを読む
posted by nofrills at 12:01| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

訃報:プリンセス・アリス

英国王エリザベス2世のおばであるプリンセス・アリスが逝去。享年102。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/3967215.stm続きを読む
posted by nofrills at 02:58| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

failureではなくmisuseか?

情報のプロの指摘。これは極めて重要。
"What really irritated me was Blair's relentless use of the word 'threat' in a meaningless way," Mr Morrison told the Guardian said yesterday.
...
A "threat" in intelligence circles means both the intention and capacity to attack, he explained.

http://www.guardian.co.uk/Iraq/Story/
0,2763,1338720,00.html
続きを読む
posted by nofrills at 16:35| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

ハートルプール補選とブレアの不整脈。

ハートルプール補選結果出ました。Labourが得票数を大きく減らしながらも議席を保ちました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_depth/3705866.stm

一方ブレアは不整脈が悪化したそうです。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/
3705684.stm
続きを読む
posted by nofrills at 14:19| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

党大会でのブレア演説。

読んでるうちに飽きてくるし(話の進め方が見え透いているので),気持ち悪くなってくるし,やけに長いし,なのですが,2004年9月労働党の党大会でのトニー・ブレアの演説です。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3697434.stm続きを読む
posted by nofrills at 03:47| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。