2005年08月25日

「パット」という名のこの男。

いよいよ台風が来たようで,うちの屋根を通して上空でごおぉごおぉと風が鳴ったかと思うと,豪雨の音がしてきました。

それとはまったく関係なく……。

「パット」Patという男性名は,「パトリック」Patrickの愛称として知られている。「パトリック」は5世紀(だったと思う)にアイルランドにキリスト教を広めた人の名で,「パトリック」と言えばアイリッシュ,という固定イメージがある(もうひとつの愛称である「パディ」Paddyという名をつけたアイリッシュ・パブがよくある,など)。

でも,米国で“テレヴァンジェリスト(テレビ伝導師)”としてぶいぶいいわせている「パット・ロバートソン」氏の「パット」は「パトリック」じゃないんだって。
At a young age he was given his nickname of Pat by his six-year-old brother, ..., who enjoyed patting him on the cheeks when he was a baby and saying "pat, pat, pat".


「パット・ロバートソン」,本名は「マリオン・ゴードン・ロバートソン」Marion Gordon Robertson――「マリオン」はラテン語系。「ゴードン」は元はスコティッシュの名前ですね。「ロバートソン」もスコットランドのクランの名のひとつとして知られているもの。(<これは,“「オブライエン」や「オニール」はアイリッシュ”とかいうような一般論ですが。)

名前がどうこうって話をしたいわけではないんですが,何かおもしろかったので。

なお,本名があるのに「パット」という名を選択したのは,「マリオン」は女みたいだし「ゴードン」は気取った感じがするからだそうです。

Wikipediaによると,パット・ロバートソンはアメリカ独立宣言に署名したヴァージニア知事の家系で,この家系には第9代大統領とか第23代大統領もおり,ウィンストン・チャーチルとの血縁もあるそうです。一言で言えば,「WASP」ですね。

このパット・ロバートソン,つい先日(米国時間で8月22日),自身のテレビ番組で,ベネズエラのチャベス大統領の「暗殺」を呼びかけるということをやってくれたそうです。
「米国・福音派右派説教師、ベネズエラ大統領暗殺を呼びかけ」(P-navi infoさん,2005年8月24日)

で,この「暗殺」発言について本人が謝罪したという記事(AP通信配信)が,25日(英国時間)のガーディアンに出ていたんです。続きを読む
posted by nofrills at 23:47| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

秋葉市長の平和宣言(英文)を見つけたのがテヘラン・タイムズだった件。

ニュースポータル,World Peace Reportのトップの記事がHiroshima Peace Declaration 2005だったので,ちょうど英文を探そうと思ってたんだよね(<遅い)とばかりにクリックしたら……

peacedeclaration.png

よりによって,テヘラン・タイムズの記事でした。orz続きを読む
posted by nofrills at 13:13| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

北アイルランドで戦った優秀な軍人のPTSD

マルコム・ニュー(Malcolm New)さん。ウェールズ出身。46歳。元英陸軍。the Royal Welch Fusiliersでstaff sergeantを勤め,the British Empire Medal を授与されたほどの優秀な軍人。

この人のPTSDが,軍での活動によるものと認められ,英国防省から62万ポンドの賠償金が支払われることになった。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/wales/4725455.stm
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/0,,1539268,00.html続きを読む
posted by nofrills at 20:46| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

our reaction could very easily destroy our society

偶然見つけたスコットランドの新聞,the Heraldの読者の手紙。
http://www.theherald.co.uk/features/43847-print.shtml続きを読む
posted by nofrills at 20:50| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

AP通信と共同通信の合同世論調査@日本&米国

AP通信と共同通信が日本と米国で合同世論調査を行なったということを知り,関連記事を探してみた。

米国での記事(正確には,この記事があるところで紹介されていて,それでこの合同調査のことを知ったのですが):
http://cbs4boston.com/ctnews/CT--WorldWarIIPoll-Ir-mn/resources_news_html

日本での記事:
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005072401000063_Main.html
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200507240051.html
http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/news/00023074kd200507310700.shtml続きを読む
posted by nofrills at 19:54| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

We rarely, if ever, called the IRA bombings "Catholic" terrorism

The label of Catholic terror was never used about the IRA
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/
0,2763,1525896,00.html

→ガーディアンのサーバが重いときなどはICHで。

とにかく,読んでください。すばらしいです。続きを読む
posted by nofrills at 18:00| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

London is another country.

London is another country. Whilst in and of England, it also soars above middle England in the fluxing energy of its social, artistic, entertainment, cultural, sub-cultural, ethnic, political, intellectual and business worlds, the swagger (and occasional grand fuck-ups) of its metropolitan ambitions and the easy inclusiveness that is, paradoxically, a hallmark of even the most bigoted Londoner. If racial, cultural and class diversity irritate you, you're in the wrong place. Even the racists give up. It's pointless. London defines itself through diversity. For instance, there is nothing like the racial tension you experience in New York.
_
There are those inverse snobs who hate it. Very often, these people are from lesser cities throughout England; or they're bigots who instinctively feel ill-at-ease in the cultural fuzziness that is Zones 1 and 2. The usual list of moans: "dirty, expensive, exhausting, crowded, sticky hot in summer, full of crime, tacky, rip off, moan, moan".
_
Away with such people! As Wordsworth suggests, their souls are dull.
_
Ken Livingstone captured London's appeal in his address today:
_
I said yesterday to the International Olympic Committee that the city of London is the greatest in the world because everybody lives side by side in harmony. ... In the days that follow ... people from around the world will arrive in London to become Londoners and to fulfil their dreams and achieve their potential. They choose to come to London, as so many have come before because they come to be free, they come to live the life they choose, they come to be able to be themselves.
続きを読む
posted by nofrills at 07:27| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもたちに対する配慮が示されたアドバイス――子供向けBBCサイトから。

CBBC (Children's BBC) で子どもたちの相談に回答しているアーロンさんが,先週木曜日のロンドンでの件について書いている文。とても力強く,大変に配慮の行き届いたものだ。

http://www.bbc.co.uk/のCBBCフォーラムより:
Worried about the news?
7 Jul 2005 17:01
_
Hello Everyone,
Lots of you are talking about what happened in London on Thursday. Things like this make a lot of people nervous. Most of us worry about ourselves and our loved ones; especially if we are separated from them. Being concerned is okay, and talking about it helps; just try not to freak yourselves out by worrying yourselves sick! That happens when you don't know what's happening and you make up scary stories in your head to fill the gaps.
_
While sometimes these things DO happen, we have the best people in the world trying to make sure it doesn't. When it DOES happen, they are on hand to sort things out as quickly and safely as possible. While it can still be scary, the chances of things affecting YOU are small; so try not to worry too much. If you're nervous, talk about it with your parents or others that you trust. If you have been directly affected by it, seek help and support from loved ones. In the meantime, stay sane by following some of Newsround's advice about bad news.
_
Aaron
続きを読む
posted by nofrills at 01:57| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

ダルフール/スレブレニカ/ファルージャ

昨晩,深夜12時過ぎにテレビをつけていたら,先週土曜日に放送されたNHKスペシャルの再放送をやっていた。

「21世紀の潮流 アフリカ ゼロ年
第1回 ジェノサイドを止めるのは誰か」
http://www.nhk.or.jp/special/libraly/05/l0007/l0709.html

さっきWorld Peace Reportのサイト(ニュースポータル)を開いてみたら,ボスニアのジェノサイドの10周年の記事があった。

"Bosnians grieve Srebrenica massacre"
http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/
2005-07/12/content_459420.htm


イラクのファルージャがまた攻撃されている。

「米国はファルージャに新たな攻撃を開始」
http://teanotwar.blogspot.com/2005/07/blog-post_11.html続きを読む
posted by nofrills at 18:20| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

manslaughter

先日も映画「ミシシッピ・バーニング」のモデルとなった事件で被告がmanslaughterで有罪となった(murderではなく)ということを書いたが,6月28日にも,別の件・別の場所で,manslaughterで有罪判決という記事が出ていた。

Israeli soldier guilty of killing Briton in Gaza
http://www.guardian.co.uk/israel/Story/0,2763,1516235,00.html続きを読む
posted by nofrills at 21:53| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。