2006年08月22日

【拙著修正】Indices of Deprivation 2004のURLが変更されています。

拙著のp.30の右欄(背景が緑色の部分)に載せているURLが変更になっていますので、お知らせです。

Indices of Deprivation 2004、原稿を書いたときには副首相府サイトにあったんですが、副首相府の職域(?)がいろいろと変わってしまったのと関係あるのかないのか(プレスコットの騒動以降ですよね)、the Department for Communities and Local Government (DCLG)のサイトに移されています。

旧:
http://www.odpm.gov.uk/index.asp?id=1128442

新:
http://www.communities.gov.uk/index.asp?id=1128442

★続きの閲覧、コメント、トラバなどはミラーサイトのほうにお願いします。
posted by nofrills at 02:57| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

調べものに、UK Local Area

1つ前の記事を書くときに見つけた資料なんだけど、サイトがすばらしすぎるので別個に紹介。

UK Local Area
http://www.uklocalarea.com/index.php

サーチボックスに地名もしくは郵便番号を入れると、そのエリアの統計情報(センサス、Index of Deprivation)とQoL指標値が出てきます。ガス・電気代やカウンシル・タックスもわかるし、その地域の犯罪の傾向などもわかり、住居を決めるときにかなり参考にできます。

使い方は簡単です。以下、図解。こういうものはどんどん使いましょう。

★続きの閲覧、コメント、トラバなどはミラーサイトのほうにお願いします。
posted by nofrills at 12:22| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

夏休みで英国旅行、などの予定のある方へのご注意。

10日に警察が「航空機爆破計画」を押さえたあと、日本でも報道されている通り、英国の空港でのセキュリティ・チェックが最高度にまで引き上げられています。

BBCに英国発の旅客機(国内便を含む)の利用者への注意(The Department for Transportの勧告)が書かれているので、要点だけ日本語にしておきます。英国にご旅行予定の方などは、客室内に持ち込めるものがかなり制限されていますので、ご注意ください。

Travel advice for passengers
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4778615.stm

★続きの閲覧、コメント、トラバなどはミラーサイトのほうにお願いします。
posted by nofrills at 01:59| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

猛暑の中のロンドン地下鉄

というわけで、改訂新版が出たのですが、その122ページ:
London Underground and the heat

「夏のロンドンがやたら暑くなっている」ことと「地下鉄には冷房がない」ことをこういうふうにちょこっと書いてあるのですが、この件、BBCの報道から:
Baking hot at Baker Street
Last Updated: Tuesday, 18 July 2006, 15:31 GMT 16:31 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/london/5191604.stm続きを読む
posted by nofrills at 01:06| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

拙著『週120ポンドで暮らすロンドン生活術』改訂新版ができあがりました。

book

拙著『週120ポンドで暮らすロンドン生活術 A Not-Rich's Guide to London』(太田出版)の改訂新版ができあがりました。お手伝いくださった方、見守ってくださっていたみなさん、ありがとうございました。

ISBNは4778310292、定価1300円(+税)です。今週末から来週初めにかけて、店頭に出ると思います。留学、ワーホリなどで渡英のご予定のある方はもちろん、ご旅行でありきたりの観光じゃつまんなさそうという方も、ぜひご一読ください。

初版を出したのが2001年で、以後、特に交通システムとイミグレがかなり変わっているため、増刷に当たって大幅に改訂したものです。交通システムの章(第3章)は全面的に書き改めました。その他、全面的に書き改めたページもありますが、全体的な構成などは変わっていません。要所要所に英会話フレーズを書き入れてある点なども変更ナシです。続きを読む
posted by nofrills at 23:52| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

資料:2005年総選挙でBNPが候補者を立てたところ。

資料:2005年総選挙でBNPが候補者を立てた選挙区とその結果。
http://www.stopthebnp.org.uk/index.php?location=er2005

ロンドンでは
- Barking(東ロンドン、川のすぐ北) ※ロンドン地区で唯一得票率10%超(16.9%)。候補者Richard Barnbrookは無名でもない。

- Bexleyheath & Crayford(東ロンドン、川のすぐ南、ロンドンの東端)

- Dagenham(東ロンドン、川のすぐ北)

- Eltham(東ロンドン、川の南)

- Enfield North(北ロンドン、ロンドンの北端)

- Erith & Thamesmead(東ロンドン、川のすぐ南)

- Hayes & Harlington(西ロンドン、ロンドンの西端)

- Hornchurch(東ロンドン、川のすぐ北、ロンドンの東端)

- Old Bexley & Sidcup(東ロンドン、川の南)

- Romford(東ロンドン、川の北、ロンドンの東端)

- Upminster(東ロンドン、川の北、ロンドンの東端)

- Uxbridge(西ロンドン、ロンドンの西端)

ロンドン選挙区マップ(グレーで塗ったのが上記の選挙区):
LondonParliamentaryConstituenciesNumbered.gif

※画像はWikipediaのものを加工。
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:LondonParliamentaryConstituenciesNumbered.png

番号との照合は:
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Parliamentary_constituencies_in_Greater_London続きを読む
posted by nofrills at 17:05| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

Oysterのrefundの事例

Metro Cafeのメッセージボードより:
Oysterの返金について
Posted by: bloomfieldt on 27/11/05 at 03:05 PM
_
2004年11月にオイスターで1年の定期を買ったんですが、健康を害してしまったために、2ヶ月を余したところでもう使わないことになりました。そのため、2005年9月11日に返金請求の書類を提出したのですが、今になってもまだ返金されていません。何度か電話をしたり手紙(やメール)を書いたりしているんですが、いつも「手続き中です」と言われるだけです。〈以下、文句が続く〉
**********
Re: Oysterの返金について
Posted by: i_am_beavis on 28/11/05 at 01:49 AM
_
ども。
状況、すごいよくわかります。オイスター・カードだ何だっていうのはことごとく、TfLに都合よく動くようですよね。結局TfLは利用者のことなんか何も考えてないわけで。先日このボードのEnough is enoughっていうスレでTfLについてどう思うかっていう話をしたんで、よかったら読んでみてください。
続きを読む
posted by nofrills at 20:00| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

Oyster cardとNational Rail

1つ前の記事との関連で、Oyster cardと鉄道(National Rail)について。

最大の問題点は、Oyster cardのPre-payが、鉄道では多くの路線で受け付けられていないということにある。つまり、Travelcardを使っている感覚でOysterのPre-payを使って地下鉄から鉄道へと乗り継ぐと、例によって途方もないペナルティ・フェア(キセルとみなされる)可能性があるし、逆に鉄道から地下鉄に乗り換える場合には最初に乗る駅でOysterのPre-payが使えない。

英国では自宅から職場までの交通費は支給されないのが基本なので、公共交通機関を使って通勤している人なら誰でも交通費はなるべく節約したい(安く上げたい)。TfLでは「Oyster pre-payがお得ですって言ってるでしょ!」というキャンペーンを、Oyster pre-payを使わない場合の運賃を心臓発作を誘発しそうなくらいの(<大げさ)額に引き上げるという強硬な策で開始した。しかし、その「お得」なOyster pre-payを使えるのは、地下鉄(Tube)沿線の人だけで、鉄道(National Rail)沿線の人は使えない、という問題が出てきたわけだ。続きを読む
posted by nofrills at 08:39| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ロンドンの公共交通についての基本リンク集とTfLについての説明

■ロンドンの地下鉄マップ(地下鉄のみ、ゾーン表示あり)
PDF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/pdfdocs/colourmap.pdf
GIF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/pdfdocs/colourmap.gif

■ロンドンの地下鉄&鉄道マップ(ゾーン表示あり)←ロンドンに行くときにダウンロードして印刷していくのなら、上のじゃなくてこっち。
PDF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/pdfdocs/lon_con.pdf

■ロンドンのバス路線マップ(下記URLから必要なものをダウンロード)
http://www.tfl.gov.uk/tfl/bus_maps.shtml

■2006年1月2日からのロンドンの交通料金リーフレット
PDF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/downloads/pdf/fares-tickets/fares-2006-leaflet.pdf

以下はおまけ。続きを読む
posted by nofrills at 23:38| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。