2005年12月21日

Sinn Fein rejects on-the-run bill

マジですか?!

Sinn Fein rejects on-the-run bill
Last Updated: Tuesday, 20 December 2005, 17:14 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4546648.stm

……ってことは、このクソ法案を通そうとしているのは労働党主流派だけで、労働党の一部と保守党、LibDem、DUP、SF、SDLP、UUPは反対、ってことじゃん。(DUP、SF、SDLP、UUPが北アイルランドの主要政党4党。)

どーすんのかね、これ。北アイルランド和平までぽしゃったら、ブレア政権が為しえたこととして後々まで誇らしく語れることなんか何もなくなるから、どっかで落としどころを見つけてくるんだろうけど。

というか、OTR法案って何が狙いだったんだろう、結局?続きを読む
posted by nofrills at 10:22| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

「IRAのスパイ」じゃなくて「MI5のスパイ」だった人。

こんなに展開になるとは予想もしてなかった。先日不起訴となった「ストーモントゲイト」事件の容疑者、実はシン・フェイン/IRAから送り込まれたスパイであるどころか、そのまったく反対、シン・フェインの内部、それも上層部で、1980年代からMI5のスパイとして活動していた。。。

これが「スパイ小説」の最後のどんでん返しならワクワクするところなんですが、現実ですからガックリです。(ああ、さすが英国。)

しかも1980年より前の、こうなってみると非常にショッキングな写真が配信されてるし。

donaldson.png続きを読む
posted by nofrills at 23:32| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

「ダウニングストリート宣言」から12年経った。

1993年12月15日、ロンドンのダウニング・ストリート10番地(つまり英首相官邸)で、英国首相とアイルランド共和国首相によって和平についての共同宣言(Joint Declaration on Peace)が署名された。この共同宣言が「ダウニング・ストリート宣言」。

この宣言は、全文がCAINで読める。第1項(全体の概略の説明をしている部分)は次のようになっている。

The Taoiseach, Mr. Albert Reynolds, TD and the Prime Minister, the Rt. Hon. John Major MP, acknowledge that the most urgent and important issue facing the people of Ireland, North and South, and the British and Irish Governments together, is to remove the conflict, to overcome the legacy of history and to heal the divisions which have resulted, recognising the absence of a lasting and satisfactory settlement of relationships between the peoples of both islands has contributed to continuing tragedy and suffering. They believe that the development of an agreed framework for peace, which has been discussed between them since early last year, and which is based on a number of key principles articulated by the two Governments over the past 20 years, together with adaptation of other widely accepted principles, provides the starting point of a peace process designed to culminate in a political settlement.


つまり、強引に短くまとめれば、「南北双方のアイルランドの人々に苦しみを与えている紛争を終結させたい。そのための和平の枠組みを構築していく」ということだ。(むろんその「紛争」の根が「歴史」にあるということも組み込んだ文面になっている。)*1

1993年のこの宣言は、後(1998年)のブレア政権下でのGFA(グッドフライデー合意:正式には「ベルファスト合意」という)につながっていくのだが、1993年当時の英国の首相はジョン・メイジャー。保守党政権である。(一方のアイルランドは、イーモン・デヴァレラ直系で1970年にはIRAへの武器引渡し事件との関連で揺れたFianna Failと労働党の連立政権。FFは現在まで与党の立場にある。)

2005年、新たに保守党党首となったキャメロンは、おそらくこの日を選んで、ベルファストを訪問した。

Cameron in peace process pledge
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4529824.stm続きを読む
posted by nofrills at 02:23| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

Stormontgate

10日の記事:
After 'Stormontgate' where's the trust?
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4516068.stm

英女王とアイルランド大統領との歴史的な初会合という日に、ストーモントのスパイ疑惑(俗に「ストーモントゲイト」)のcase droppedが伝えられたという件について、BBCのNI政治担当エディターは「"bury the bad news"のジョー・ムーアを思い出す」と記事を書き始めている。

「スパイだ」という嫌疑をかけられていた当人たちは「最初っからスパイ・リングなど存在していなかった、私たちはUUPのトリンブル党首(当時はNI議会のファースト・ミニスターでもあった)を救うために逮捕された」と述べている。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4513324.stm続きを読む
posted by nofrills at 00:32| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

バスラ警察の調査に元RUCのチーフが(これが英国クオリティ。orz)

※12月6日追記あり。「続きを読む」で記事の最後へ。

----------

Ex-RUC head to review Iraq police
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4497128.stm

The UK is sending a former NI policing chief to Basra in southern Iraq to carry out a review of policing there.


バスラってぇのはアレだ、SAS2人がアラブ人に変装して、爆発物所持をレッドハンドで警察に捕らえられて、その2人のSASを奪還するために、英軍が戦車で警察署に突撃したっていう、フレデリック・フォーサイスなら書かないような小説まがいの珍妙な出来事が起きた場所だ。

で、RUCの元チーフがレヴューするって言ってんのは、そのバスラ警察だ。続きを読む
posted by nofrills at 09:04| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

ジョージ・ベストの葬儀


* "Tribute to George Best at Belfast City Hall," a CC Licensed photo on Flickr, by "Lu and me"

先月の25日に他界したジョージ・ベストの葬儀が、3日、故郷ベルファストで執り行われ、数万人(BBCは「10万人」というが、ロイターは「数万人規模」としているようだ)が「伝説」を拍手で(それと黙祷で)送った。

亡くなった週末のリーグの試合でも、試合開始前にほぼ全試合の観客が(リヴァプールFCとかではやっぱアレだったらしいけれども)、1分間の黙祷ではなく1分間の拍手で、この世を去った「伝説」を讃えた(この「黙祷ではなく拍手」というのはイタリア由来だと、北アイルランドのウェブログで見ました)。

ベルファストにとってのジョージ・ベストは、単なる「地域のヒーロー」以上の存在だった。

To locals, he was technicolor in the monochrome world of 1970s Belfast - a living legend with an E-type Jag who happened to be from up the road.
_
--http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4495026.stm


「1970年代のベルファスト」については、CAINとかを参照。

葬列は、冷たい雨のなか、東ベルファストの自宅(お父様がご健在)を出て、ストーモントへと向かった。

沿道はこうなってた。(リンク先はFlickrのあるユーザーのページだが、all rights reservedなので画像を借りることができない。)

FlickrにはGeorge Bestのタグ付けがされた写真がいっぱい上がっている。また、いつも私が参照させていただいているSlugger O'TooleのMick FealtyがFlickrでG. Bestのグループを開始したばかりらしい。

BBCのin pictures:
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/4494652.stm続きを読む
posted by nofrills at 22:39| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

うぎゃあああ、としかタイトルが思いつかない件。

はなゆーさんとこ経由、サンデー・テレグラフ:
'Trophy' video exposes private security contractors shooting up Iraqi drivers
By Sean Rayment, Defence Correspondent
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?
xml=/news/2005/11/27/wirq27.xml&sSheet=/news/2005/11/27/ixworld.html


・・・うぎゃあああ、Lt Col Tim Spicer だぁっ!!
http://observer.guardian.co.uk/uk_news/story/0,6903,1366901,00.html

Tim Spicerは、サッチャーの息子が関わったことで日本でもけっこう取り上げられた赤道ギニアのクーデター計画に関わった人物です。。。であるばかりではなく北アイルランドで。。。続きを読む
posted by nofrills at 08:43| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訃報:ジョージ・ベスト

24日に主治医が「もうあと24時間もたない」と発表(リンク先のコメント欄参照)していたジョージ・ベストは、たぶんそれから24時間くらいして、他界した。享年59。

臨終には血のつながった家族(元妻も)と、長年の友人が立ち会った。

ジョージ・ベストはイングランドで長く暮らしたが、埋葬されるのは故郷ベルファスト。お母さんの隣に永眠することになる。

追悼の場は、とにかくたくさんの人が来るとのことで、ストーモント(<議会)。(この政治の激動期に、こんなことで「ストーモント」の名前が記事に出るとは。。。)

関連ニュースを見るなら、やはり、ベルファスト・テレグラフ。“地元”ならではの記事も出ている。

beltele_bestie.png

ほとんど全部ジョージ・ベストだ。。。続きを読む
posted by nofrills at 07:49| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

the Northern Ireland (Offences) Bill

私にはもうわからんよ。。。「正義 justice」とは何か、「法」とは何か、「テロリズム」とは何か、「政治」とは何か。。。

Fierce opposition fails to halt bill on Northern Ireland terror suspects
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,2763,1649290,00.html

MPs condemn 'grubby' paramilitaries plan
http://politics.guardian.co.uk/northernirelandassembly/story/0,9061,1648873,00.html
Mr Hain told the programme: "It is not an amnesty. It is a proper judicial process which people will go through, and then emerge, if convicted, on licence."

むちゃくちゃな理屈を。。。

Blair and Hain face fierce backlash over amnesty for 150 IRA fugitives
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2005/11/24/
nulst24.xml&sSheet=/news/2005/11/24/ixnewstop.html
続きを読む
posted by nofrills at 07:20| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。