2005年11月15日

UDAも活動停止へ?

最近、Michael Stone著の"None Shall Divide Us"という本を読んでいる。単語とかほんとに辞書要らずなので、すいすい読めてしまう。が、内容はけっこうえぐい。


著者のマイケル・ストーンはUDAのメンバー。ジブラルタルで英軍に射殺されたIRAメンバーの葬式に参列していたジェリー・アダムズとマーティン・マクギネスを狙って葬式を襲撃し、GAとMMではなく、ほかの3人のIRAメンバーを殺したことで有名になったのだが、それ以外にも何件もの強盗、暗殺を行ってきた「ロイヤリストの殺し屋」である。

この本はその彼が、2000年にグッドフライデー合意での特赦で刑務所を出たあとに綴った手記で、一言でまとめれば「ロイヤリストの大義を信じて行動してきた男の半生記」。生い立ちから学校での理不尽な扱い、「不良少年時代」、スカウト、ヒットマンとしての活動……と、事細かに書かれている。

読みながら「何を勝手なことを」と思う箇所は多い。それでも読むのが嫌にはならない。それはたぶん、私がここに書かれていることを知りたいからだし、また、書かれていることに基本的に「嘘」がないからだと思う。

マイケル・ストーンが(日本で言えば)中学生くらいだったときに、彼の暮らしていたベルファストのワーキング・クラスの住宅街の「分断」は始まった。団地(のような集合住宅)からカトリックが追い出され、その後に、市内のカトリック地域を追い出されてきたプロテスタントが入った。

その「分断」が始まるまでは、ストーンのグループ(いわば「不良少年のグループ」だが)はプロテスタントもカトリックもいて、単に「隣町の奴らから俺らの町を守る」という目的だったそうだ。

マイケル・ストーンは10代半ばでUDA(アルスター・ディフェンス・アソシエーション)のボスによってスカウトされ、組織に入り、ヒットマンとしての訓練を受けた。そしてその後、何件もの襲撃・狙撃を計画し、実行した。

UDAというのは、北アイルランドのロイヤリストの「テロ組織」のひとつである――法的に「テロ組織」に指定されたのは1992年だが、その前からUFF(アルスター・フリーダム・ファイターズ)という名前で武装組織を抱えていて(メンバーはもちろん重複している)、自分たちが「合法」と考えた「ターゲット」(リパブリカンの活動家)を殺害するなどの「政治目的での暴力」すなわち「テロ行為」を行い、また活動資金としての現金強奪、武器や麻薬の売買といった「不法行為」を重ねてきた。続きを読む
posted by nofrills at 12:44| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

あの旗が掲げられるとき。

英国ではロンドンのウェストミンスター・アビー(チャーチ・オヴ・イングランド)に戦没者慰霊の施設ができたとのこと。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/in_pictures/4426140.stm

11月はガイ・フォークス・ナイトが過ぎたらRemembrance Dayだ。この時期に私がロンドンで居心地の悪い思いをしたことはどこかに書いたと思う。日本人はお呼びじゃない追悼と慰霊の日。

北アイルランドでは、初めて、ユニオンジャックと並んでアイルランドの三色旗が掲げられた。

Tricolour flies at war memorial
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4412584.stm

「ユニオン・ジャック」ってのはそれ自体、イングランドとスコットランドとアイルランドの旗を合体させたものだ。(ウェールズはとっくにイングランドに合併されていたという扱い。)つまり連合(ユニオン)のシンボルである。

※画像はWikipediaより。続きを読む
posted by nofrills at 08:58| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

Real IRAはやっぱり活動中なのか?

ガーディアンのヘンリー・マクドナルドの記事で(<偏見かもしれないが、私はこの人の書くものは話半分が原則と思っている)、記事内に出てくるのもジェフリー・ドナルドソンとかだし、Google News UKで検索してもこの記事しかヒットしないので「どーだか」って感じなのだが、北アイルランドで競馬場に「爆弾しかけた」という電話があって観客らが避難した件、やったのはReal IRAだっていう線があるらしい。

Real IRA blamed as race festival is wrecked
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,2763,1635562,00.html続きを読む
posted by nofrills at 00:37| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

殺人事件の被害者遺族はマギーがお嫌いな様子。

マッカートニー・シスターズ(詳細はリンク先=過去記事参照)が「今年を代表する女性」に選ばれるも,辞退。というより,拒否。

理由は,「マーガレット・サッチャーも同じ賞を受けるから」。しかも授賞式の場に出向いてそれを知って,その場で拒否。

http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,2763,1627493,00.html
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4406022.stm

BBCより:
Catherine McCartney was speaking after refusing to share a platform with Margaret Thatcher, claiming she had "inflicted injuries" on Ireland.
続きを読む
posted by nofrills at 01:47| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ロイヤリスト準軍組織のひとつLVFが活動停止。

「北アイルランドのテロ」といえば「IRA」という範囲でしか事情が伝えられない日本では取り上げられもしないだろうが,ビッグニュース。北アイルランドのロイヤリスト側パラミリタリー組織のひとつ,LVFが,UVFとの紛争に終止符を打ったのに続き,メンバーが活動停止,組織は解散へ。

'End' for loyalist terror group
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4390812.stm

LVF is stood down as bloody feud ends
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/story.jsp?story=667397

LVF disbands...
http://www.sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/lvf_disbands/

lvf_standdown.png続きを読む
posted by nofrills at 20:57| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

eBayのびっくりオークション

http://www.sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/legitimate_fundraising/

(^^;)

INLA (Irish National Liberation Army)がeBayでバッジとかを出品してたのが,eBay側から取り消されたとのこと。

……多重の意味で(^^;)だ。続きを読む
posted by nofrills at 10:01| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

最近の北アイルランド

今週のニュースからいくつか,メモしておきたいものを。

1)ジョージ・ベスト
ベルファストで生まれ育ったサッカーの「伝説」,ジョージ・ベストが集中治療室で意識不明の状態になっているということについては,1つ前の記事を参照。

2)ユニオニストの壁画
UVFとかRHCとかの「覆面にライフルな男たちとシンボル」の壁画に代わって,ユニオニスト/ロイヤリストの壁画に登場するのは,C.S.ルイスやジョージ・ベスト。
http://observer.guardian.co.uk/uk_news/story/0,6903,1598829,00.html続きを読む
posted by nofrills at 21:32| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

記事メモ(北アイルランド)

ああやっぱりって感じで読むだけ疲れますが:
Parties seek presents from Number 10
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4320840.stm

さすが板さんは包丁さばきが見事だ的なアナリシス:
Mad Dogs and Ulstermen: the crisis of Loyalism
http://www.opendemocracy.net/democracy-protest/loyalism_2876.jsp続きを読む
posted by nofrills at 12:11| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

最近さっぱり報道されない,リパブリカンの暴れっぷり(暴れているのはどちらかだけではない)

BBCのNorthern Irelandカテに記事が出るたびに見てはいたのだけど,時間が足らない状態がずっと続いてきたのでここに書いてませんでしたが,今年の夏にオレンジな人々がright to marchだのなんだのと言って一部暴力的にごねて,緑の人々の施設を襲撃するなどしていた後,緑の人々も,さほど派手にではありませんが,オレンジ関連施設を襲撃していました。続きを読む
posted by nofrills at 12:08| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5分あれば余裕でわかる,ロイヤリストの暴れっぷりの歴史

英語ですが,5分あれば余裕でわかる,ロイヤリストの暴れっぷりの歴史―― Desolation Rowというウェブログの10月3日エントリ参照。
http://desolaterow.blogspot.com/2005/10/loyalism-is-lost.html続きを読む
posted by nofrills at 10:43| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。