2006年06月30日

4文字語の使い方をブレアさんたちに習おう。

翻訳小説を読んでいると、ときどき、「おまえのそのクソ足をそのクソ机からどけろ」調の珍妙な日本語に行き当たって、思考停止してしまうことがある。映画の字幕でもこういうのがないわけじゃないけど、映画の場合は音声があるから珍妙な日本語に付き合わずに済む。でも小説の場合は、その日本語と付き合っていかなければ最後まで読めない。困ったもんだ。

英語のいわゆる「4文字語」は、単に機械的に「クソ〜」とすればいいってもんじゃない。作家がその登場人物に「4文字語」を使わせるのは、その人物のバックグラウンドを語りたいからだ。で、日本語の「クソ〜」は「4文字語」と必ずしも1−1で対応してない。だから「おまえのそのクソ足をそのクソ机からどけろ」とかいう調子で延々とやられても、その人物がどういう人で、何をどう考えているのか、人物像ってやつが見えてこないのだ。私が読んだ中で一番近い例では、文庫本の『ナイロビの蜂』のケネス・カーティスね。「ケネス・カーティス」がもっと生々しく伝わってくる翻訳だったら、あの小説の印象はずいぶん違っていたに違いない。

というように、『ナイロビの蜂』ではル・カレは「4文字語」を「外務省のみなさんとは遠い世界の、下層階級の男」の記号として使っていたのだけど、実際は、4文字語は階級・身分とかに関係なく使われる。

……という話が、ガーディアン/オブザーヴァーのblogにあった。
http://blogs.guardian.co.uk/observer/
archives/2006/06/29/fuck_it_shes_no.html
続きを読む
posted by nofrills at 06:20| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

いよっ、大統領。

いつどこでいかにして聞き知ったかとんと記憶にないのだが、日本語には「いよっ大統領!」という、今は廃れたフレーズがある。「思い切って行っちゃってくださいよ」という場合など、(男性に対する)景気づけ一般に用いられていたものだと思う。

うーん、何か気になってきたな。。。「いよっ大統領!」は、「インド人もびっくり」(<レトルトカレーかカレールーの広告のキャッチコピー)と同時代か、それより古そうだなあ。ま、いいや、それはまた別の機会に調べてみよう。

で、私は今日(日付の上では昨日)は、この記事を読むためにTIMEに行ったんだけども、そのときにTIMEのトップページで、
Bush: "Honest" or "Incompetent?"

という見出しがあるのだけちょっと目に留まって、後で読んでみようと思っていた。
http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,1174605,00.html

そして、ずーーっと時間が経過して、そんなどうでもよさげ(笑)の記事を忘れかけた頃、「壊れる前に・・・」さんを見に行ったら。。。

「一言で言えば」
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_c037.html続きを読む
posted by nofrills at 02:31| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

麻生外相についてのNYTの社説を読んでみる。

まずはNYTの社説の内容を要約している日本語の新聞記事(毎日新聞Yahooでの掲載ページ魚拓
<麻生外相発言>「誠実さも賢明さもうかがえぬ」米紙が批判
_
 【ワシントン及川正也】米紙ニューヨーク・タイムズは13日、日中関係や靖国神社参拝などをめぐる麻生太郎外相の最近の歴史認識発言を取り上げ、「扇動的な発言からは誠実さも賢明さもうかがえない」と批判する社説を掲載した。……


こういうのは元の記事を読んでみたいので、NYTを見る。
Japan's Offensive Foreign Minister
http://www.nytimes.com/2006/02/13/opinion/13mon3.html...
※閲覧には登録が必要続きを読む
posted by nofrills at 01:00| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

無料翻訳比較〜「使えるオンライン無料翻訳」はどれか。

利用料無料で、ブラウザさえあれば使えるオンラインの機械翻訳(英→日)を比較してみた。

試してみた機械翻訳は以下の9件。すべてに同じサンプル文(とても単純なもの)を投げて、その結果を比較。

(1)AltaVista Babel Fish Translation
http://babel.altavista.com/tr
(2)Infoseek翻訳(翻訳エンジンはAmikai:@nifty翻訳なども同じ翻訳エンジン)
http://www.infoseek.co.jp/Honyaku?pg=honyaku_top.html
(3)Excite翻訳(翻訳エンジンはAccela TechnologyのBizLingo
http://www.excite.co.jp/world/english/
(4)TransLand/EJ・JE 翻訳体験デモ(Brotherの製品のデモ版)
http://www.brother.co.jp/jp/honyaku/demo/index.html
(5)Yahoo! JAPAN翻訳(翻訳エンジンはCross Language
http://honyaku.yahoo.co.jp/
(6)Google翻訳(BETA)
http://www.google.co.jp/language_tools?hl=ja
(7)World Lingo
http://www.worldlingo.com/en/products_services/worldlingo_translator.html
(8)SYSTRAN
http://www.systransoft.com/index.html
(9)マジカルウェブ
http://www.magicalgate.net/ja/index.html続きを読む
posted by nofrills at 23:51| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

スラオさんが思い出させてくれた例のアレ。

12月に入ったら例のアレだった。忙しくてスッカリ忘れていたのだが、Slugger O'Tooleさん(以下「スラオさん」)が思い出させてくれた。

so_knownknowns.png

そう、「例のアレ」とは、2003年にbecause as we know, there are known unknowns; there things we know we know. We also know there are known unknowns; that is to say we know there are some things we do not know. But there are also unknown unknowns -- the ones we don't know we don't know.でラム爺が受賞した「Plain English Campaign的わけわからん大賞(Foot in Mouth Award)」、今年は・・・・・・続きを読む
posted by nofrills at 00:54| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

「英語で日本について説明できるように」国民はがんばってるんです。

……だから首相もがんばれよ。。。orz

仕事の関連で中学校・高校の英語の教科書を何冊か見る機会があったのだが、現在の学校教育における「英語」という科目については、まず、「コミュニカティヴ」って形式(←「形式」ってのは私の意見)が重視されてることと、取り上げられている話題として「日本のこと」が増えていることが、私が中学や高校で学んでいたころと大きく違うなあという印象が非常に強い。

その中身はここではいいのよ。つまり今の学生さんは「コミュニケーションのための英語」と「日本のことを説明できるような発信型の英語」を習ってる、という要点だけ、教科書を見ない人にも知っておいてもらいたい、という主旨の話の枕なんです。

今日、京都で、かつてイタリアの首相の前で「スパゲッティ」だの「ソフィアローレン」だのと意味不明な「イタリア語」を連発してさすがのベルルスコーニも失笑せざるを得ないという寸劇の主役を張った人物が、今度は英語の不自由な米国大統領を相手に、日本のことを英語で表そうとしたらしい。

サン・ライジング
サン・ジャパン・ミーニング(とか何とか)
サン・オブ・カントリー・・・カントリー・オブ・サン か

さっきニュース番組で聞いたのを記憶に頼って書いているのだが、これで原文ママに近い(大きな間違いはない)と思う。続きを読む
posted by nofrills at 23:28| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

mateで大騒動@オーストラリア

オーストラリアといえばG'day, mate(「ぐっだい・まい」と発音)ですが,そのmateがoffensive認定されそうらしい。うそでしょ。(笑)
Australian ban on mate wins few friends
http://www.guardian.co.uk/australia/story/0,12070,1552972,00.html

記事を読むと,要するに,「私はあなたに敵意は持ってません」ということを示す場合に用いられる語のmateが,時と場合によっては相手の気分を害する(offend)ということで,議会とかの場では使わないようにしましょう的動きがあるらしい。続きを読む
posted by nofrills at 01:41| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

受験生がんばれ企画(<時期はずれ),"no more 〜 than ..."

ただ今のBBCトップのキャプチャ:
bbc_15june.png

Iraq 'no more safe than in 2003'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4090626.stm

というわけで,受験生応援企画(?),no more 〜 than ...をちょっと解説しましょう。続きを読む
posted by nofrills at 12:03| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

"No vote a No to Europe" 一瞬意味わかんなかったよ。(シラク必死)

non-non_chirac.jpg

"No vote a No to Europe"は,多分,
"No vote 'a No to Europe'"とすると多少わかりやすくなる。(クオートを入れるの。)続きを読む
posted by nofrills at 06:30| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

私たちの身の回りにあふれているそれはEngrishである。

現状、私はシニフィアンとシニフィエの狭間でもがき苦しんでいる。だからどうしたというわけではない。というわけで、唐突だがengrish.comだ。

"Engrish"というのは、"English"の変種である。主に東アジアで多く目撃されている。日本も多発地帯のひとつである。というか、engrish.comでは、Engrishのことを、「日本の広告やプロダクト・デザインにおいて見られるおもしろい英語の間違い(the humorous English mistakes that appear in Japanese advertising and product design)」と定義している。

Engrishとは、字面の通り、そもそも「L」と「R」の区別をしない/区別ができないことから発しているのだと思うが(→参考資料としてMonty Python:LとRをすべて逆転させてある)、engrish.comではそれに象徴される、「おもしろい英語の間違い」全般を、"Engrish"である、と定義している。

というわけで……続きを読む
posted by nofrills at 22:40| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。